学年一可愛い女の子と付き合ったら学年一のブスに絡まれた件

作者 下垣

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第6話 二宮さんの怒りへのコメント

    ブスとは思ってても口に出さないし二度は言いたくない東郷君に好感が持てます
    現状顔が良い以外いいとこのない上条さんの上げ幅に期待して次話以降も読みます!

    作者からの返信

    ありがとうございます(`・ω・´)ゞ
    引き続きお楽しみ頂けるのでしたら幸いです

    2021年1月20日 20:31

  • 第3話 上条の嫉妬へのコメント

    私はなぜ学年一の美少女がブスで学年一のブスが美少女なのかの伏線を回収したいです。
    伏線が明かされるシーンが何話なのか教えてほしいです!数話あっても構いません。
    もし、教えて頂けない場合、読むのがすごい後になります。小説フォローも外し、他作品を優先して読みます。

    もう少し先に言いたかったのですが、遅くなってしまいました。以上

    作者からの返信

    第一話で既に説明してありますよ(`・ω・´)
    それ以上のことは別にありません。

    2020年11月24日 20:29

  • 第6話 二宮さんの怒りへのコメント

    定番だけど、ブスながらも心優しい二宮と美人で腹黒い上条のギャップが好き。

    作者からの返信

    ありがとうございます(*'▽')
    ヒロインはラブコメの顔ですので、そこに触れて頂けると嬉しいですね(`・ω・´)

    2020年11月23日 15:47

  • 第5話 映画館デートへのコメント

    読み合いからです。

    何も考えずに読んだら、二宮さんが可愛い過ぎる!

    なのに、二宮さんの容姿を僕の学生時代の一番の不美人に当て嵌めた途端に腹を抱えて笑ってしまった!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます(´;ω;`)
    容姿を想像する前とあとでは印象が変わってくるのは小説の特性ですね
    せっかくの文字媒体を活かしたいのでこの小説を書きました

    下手に映像化できないので挿絵が投稿できないカクヨムと相性がいいかと( ´•௰•`)

    2020年11月11日 17:17

  • 第18話 俺は一体誰なんだ?へのコメント

    タイトルで気になっていて、以前からフォローしてました。
    自主企画へのご参加もありがとうございます。
    何故、学年一の美少女がブスで学年一のブスが美少女なのかという伏線が気になって応援コメントを見て飛ばしてここまできました。
    そういう事かという感じでしたが、まだ伏線回収(?)→納得できてないのでこれからも読もうと思ってます。
    遅読なので早く読みたい気持ちは山々なのですが、現実そうもいきません。

    伏線の演出素晴らしいと思います。
    今のところ☆2で☆3になったとしても☆1にはならないと思ったので付けさせて頂きます。☆1だと申し訳ないし、いっそのこと0のほうが作者さんに優しいと思うので。
    では、そこの所よろしくお願いします。

    作者からの返信

    コメントと☆ありがとうございます(*'▽')

    伏線を素晴らしいと言って頂きありがとうございます。
    映像がない小説ならではの演出をしたいと思って本作を書いた次第でございます(*'ω'*)

    これからもじっくりとお楽しみ頂けると幸いです。

    2020年11月4日 18:14

  • 第39話 夢と目覚めた人格へのコメント

    結局お前ら二人とも女性に求めるのはルックスだけなんじゃねーかw

    ・・・・・・どーしょーもねーなヲイw

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')
    彼らは面食いなのです。そうじゃないと話が進まないのです( ;∀;)

    2020年10月30日 10:56

  • 第17話 通夜へのコメント

    とりあえずここまで読ませていただきました。なるほど、そう来ますか……上手い!
    これからも頑張って下さいな!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')
    上手いと言っていただきありがとうございます( ;∀;)
    これからも頑張らせていただきます('ω')

    2020年8月22日 20:09

  • 第17話 通夜へのコメント

    はじめまして、自主企画「予想外の展開がある話」から来ました。こと。です。

    序盤から予想外な展開で、読んでいてとても楽しいです。
    二宮さんかわいい……✨癒し系ですね。

    と思って17話まで読んでいたら……⁉︎ まさかの展開に!
    続きを読むのが楽しみです(((o(*゚▽゚*)o)))

    企画へのご参加ありがとうございます。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')

    二宮さんを可愛いと言って下さり、ありがとうございます( ;∀;)
    続きをお楽しみに(*'ω'*)

    2020年6月21日 18:29

  • 第20話 放課後浮気デートへのコメント

     お久しぶりです、下垣さん。錆びた釘です。
    学業の方が忙しくて、しばらく読みに来れませんでした( ノω-、)

    浮気デート、ですか。確かに、まだ二宮さんとはお付き合いしていることになっていますから、浮気ですよね。しかも上条さんが猛アタックしてきて、東郷君は押され気味ですし……。あああああ、これからもどうなるんですかっ!? もうお母さんじゃないですけど、彼らの恋路が心配で心配で……!

    あと、久しぶりに上条さんサイドの物語が読んでみたいですね(小声)
    彼女の心情が伏線に繋がるなら実現不可ですが、上条さんも成長していることですし何より「記憶喪失」という大事件の後、東郷君に対してどう思っているのか気になります。

    毎度ながら長文、失礼しました。
    これからも応援しています(o゜▽゜)o

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')
    学業が忙しい中読みに来てくれてありがとうございます( ;∀;)

    そうなんですよね。これは浮気になってしまうんですよね。

    上条さんサイドの物語もいいですね。
    一度登場人物の心情をまとめてみると面白いかもしれません。

    いつもコメント本当にありがとうございます(*''▽'')
    錆びた釘さんのコメントは本当に励みになっています(*'ω'*)

    2020年6月14日 20:48

  • 第19話 こいつが俺の彼女だなんて信じ…へのコメント

     こんにちは、下垣さん。錆びた釘です。

    修羅場の予感がしますっ!クンクン
    続き楽しみにしてます。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')

    三角関係に修羅場はつきものです('ω')
    これから一体どうなってしまうのか……( ;´Д`)

    2020年5月18日 17:50

  • 第18話 俺は一体誰なんだ?へのコメント

     こんばんは、下垣さん。錆びた釘です。
    前回のエピソードは、お察しの通りかなり取り乱しておりまして、挨拶も無しにコメントを書いてしまいました。
    もう1回読み直して、頭がちょっと整理できたので、コメント書きます。

    この急展開、もしかして狙ってましたか?(小声) いや、タイトルと重なる所があるように感じたものですから。生意気なことを言ってしまいすみません。まだ、動揺してます((((;゜Д゜))))アアアアアアアッッ💦
    記憶喪失の東郷君が二宮さんと出会ったら……、修羅場確定ですね。その時は耳押さえますw その障壁を二人が乗り越えるのか、そして上条さんの動向も気になるところです。彼女の悪女モードが発動して、この千載一遇のチャンスを利用して東郷君の彼女にのし上がるのか……。それともいい女になって二人を支援するのか……、うわあああああっ、めっちゃめちゃ続き気になります!(o゜▽゜)o

    最後に。垣間見える東郷君のナルシストキャラ? いい味していると思います!
    自分に自信を持っていたり、自分のことが好きな人ってとても素敵です!
    これからもちょいナルシで、彼には頑張って欲しいですね!

    長文、失礼しました。これからもお互いに、執筆頑張りましょう!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')

    この展開は前々からやりたいとずっと思っていたものです。
    タイトルにあえて個人名を出さずに、代名詞だけで済ませたのはこれが狙いだったのさ。ふふふ(φωφ )

    今後の展開は色々と決め兼ねている状況です。もうここまで来たらどう転んでもストーリーが成り立つ気がするので、後はキャラに任せることにします( *´艸`)

    一応、ナルシルトっぽくなったのは、美的感覚が変わったことを示すための布石だったりします。
    以前の彼は自分の顔を良いのか悪いのかよくわからないって言った感じで評してましたからね。

    では、これからもお互い頑張りましょう('ω')

    2020年5月11日 13:33

  • 第17話 通夜へのコメント

     え……、東郷君……。嘘ん(゜ロ゜) (絶句)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます(*'▽')
    ここから急展開の始まりです!

    2020年5月11日 13:34

  • 第17話 通夜へのコメント

    急展開ですね!!どうなるか楽しみです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます(*'▽')
    次回もお楽しみに。

    2020年5月10日 09:13

  • 第4話 映画館デートの約束へのコメント

    コメント失礼します!

    二宮さん可愛い……。ブスのはずなのに!いや、失礼……。

    人間顔じゃないですよね、俺、美少女好きだけど……。

    にやにやしながら読ませて貰ってます!笑
    応援してます!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')

    ブス設定のキャラでも可愛く書けるのは小説のいい所だと思います('ω')
    美少女が嫌いな人間なんてブス専くらいしかいないので正直でよろしいです( *´艸`)

    応援ありがとうございました。

    2020年5月3日 17:29

  • 第13話 お化け屋敷へのコメント

     こんばんは、下垣さん。錆びた釘です。

    来ましたね、吊り橋効果っ!(@^▽^@) 二宮さんとお化け屋敷に入るのかなぁと思っていたら、まさかの上条さんでビックリしました。上条さんの猛攻は止まりませんな笑

    何より、東郷君の器の広さに感動しました。というのも、好きな人の悪口を言う人と遊べるのって本当に優しく寛大な人だと思います。
    私だったら、性別関係なく地獄の底まで追いかけて殺ります☆★
    ……冗談です(´V`)♪

    最後に。胸板が厚い男の子には、女子はキュンとしますね。上条さんの気持ちが少しだけ分かります。
    胸板が厚い≒自分のことを守ってくれそうと、本能的に判断しているように感じます。逞しさを感じる男性はモテます(*゜▽゜)ノ 細マッチョも多分、そのことが影響しているのではないでしょうか?

    長文コメント、お許しください。これからも応援してます(*^^*)

    作者からの返信

    感想ありがとうございます('ω')

    二宮さんはホラーが苦手なので、お化け屋敷に入れないのです。
    人間無理はものは無理なんです('Д')
    そういう欠点がなければ、彼女のワンサイドゲームになってしまうので、これは必要な要素です( *´艸`)

    真人が嫌いなタイプでも受け入れる器を持っているからこそ、この物語は成り立つと思っています_(:3」∠)_
    彼は何だかんだ言いつつも女子に甘いので……

    地獄の底まで追いかけるとか流石ヤンデレ作品の作者様ですね((( ;゚Д゚)))

    やっぱりモテる男が筋肉がきちんとついていると説得力が違いますからね。
    Q.なんでこいつがモテてるの? A.筋肉があるから
    これ以上に完璧な答えは存在しません(*'▽')

    コメントは本当に執筆の時の原動力になっているのでありがたいです。これからも応援してくれると嬉しいです。

    2020年4月29日 10:54

  • 第11話 梅原の提案へのコメント

     こんにちは、下垣さん。錆びた釘です。

    上条さん、今度は吊り橋効果作戦で東郷君をオトそうとしてますね。
    その諦めない精神やあの手この手と作戦を考える姿は、一読者の視点で見ると、とても微笑ましく感じます(*^^*)
    そんな彼女に対して、東郷君はどう動くのか楽しみです。

    ……でも、舌打ちはちょっとびっくりしました。同性の私から見ても、好きな男の子の前でいくら腹が立っても、舌打ちはしちゃいけない気がします。

    続き、楽しみにしてます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')

    作品タイトル的に上条が諦めて二人を祝福したら、そこでこの作品は終了してしまいますね('Д')
    だから、彼女に諦めてもらうわけにはいかないのです( ;´Д`)

    舌打ちに関してはやっぱり女の子にさせるのはまずかったですかね。わかりやすく機嫌が悪くなったことを表現したかったのですが、やりすぎてしまったようです_(:3」∠)_

    次回もお楽しみに。

    2020年4月26日 16:07

  • 第8話 上条と二人きりの教室へのコメント

     こんばんは、下垣さん。錆びた釘です。

    上条さんって、メンヘラ……なのでしょうか。
    そんな疑惑を抱いてしまいました笑

    作者からの返信

    コメントありがとうございます(*'▽')
    彼女持ちの男にフラれても諦めない辺りメンヘラの素質はあるでしょう( *´艸`)
    作者自身がそう思ったので、ちょっと病的に見えるように描写しました。なので、そういった感想を頂けるのは狙い通りで嬉しいです('ω')

    2020年4月19日 08:23

  • 第6話 二宮さんの怒りへのコメント

     こんにちは、下垣さん。錆びた釘です。
    この度は「御法川さんには勝てない!」にお星様🌟を押してくださり、ありがとうございますm(_ _)m おかげさまで、あともう少しで🌟100を突破しそうです。

    そして、今回は怒濤の展開でしたね、下垣さん。
    上条に例の別称を使った件ですが、きっと主人公君は性格について言ったのではないでしょうか? いくら嫉妬しているからといって、あれは言い過ぎだと思います。一読者としては、二人の純愛を邪魔してほしくないです。
    でも、ストーリー展開としては、やはりライバルは欠かせませんよね~笑

    続き、楽しみにしてます。
    これからもお互いに、執筆頑張りましょうp(^-^)q

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')
    例の蔑称を言った件に関しては、確かに性格についての指摘でもありますね。上条が酷いことを言わなければ主人公の真人も上条をブスとは決して言わない。彼はそういう男です。
    二人の恋路を応援してくれてありがとうございます('ω')
    もし、上条がいなければこの作品は短編で終わってたレベルだと思います。なので、彼女は絶対にいるキャラです(笑)

    こちらこそ、御法川さんの続きを楽しみにしております。
    お互い頑張りましょう('ω')ノ

    2020年4月15日 22:48

  • 第4話 映画館デートの約束へのコメント

     こんばんは、下垣さん。錆びた釘です。

    二宮さんが嫉妬するシーン、スゴく可愛いらしいなと思いました。
    今更ですが、彼らは愛し合っているんですね。二宮さんの方は、てっきり告白されて嫌いじゃないから付き合っているのかと……。勘違い、お許しください。
    それにしても、愛し合っている関係って憧れますね。いいなー(棒読み)

    映画館デート……上手くいけばいいんですけど。上条がこのまま大人しく引き下がるようには思えません。波乱の予感がします!((o(^-^)o))ワクワク

    更新、楽しみにしてます。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます(*'▽')

    二宮さんが嫉妬するシーンを可愛く書けていたようで良かったです('ω')
    設定上ブスなキャラを可愛く見せられるのは映像がない小説ならではだと思うのでそこを活かしていきたいと思ってます。
    一人称視点なので二宮さんの心情描写はありませんが彼女もきっと主人公の真人のことが好きなのでしょう。嫉妬するくらいですし。

    映画館デートがどうなるのかはお楽しみに( *´艸`)

    2020年4月11日 09:16

  • 第3話 上条の嫉妬へのコメント

     初めまして、下垣さん。錆びた釘と申します。
    自主企画を通して貴方の作品を知りました。

    小説を拝読いたしましたので、感想を。
    単刀直入に言います。……面白すぎですっっ!ヽ(≧▽≦)/
    いやぁ、スッゴく面白いですね。(語彙力低い笑)
    具体的に、私が惹かれたポイントを上げるとするならば、全部で二つあります。

    まず一つ目。キャラの関係性(設定)が面白い!
    ブス専の主人公の周りにいる男友達、そして何より学年一の美少女とブス女がいるという、この関係性!これがいい。スゴく興味を持ちました。こんな面白い設定を思いついけるのは、もう天賦の才能ですよっ!((o(^-^)o))

    二つ目。謎を残したストーリー展開!
    毎回、話が進んでいくのは当然ですが、下垣さんはいいテンポで進めてくださるので、非常に読みやすいです!
    そして、毎度ラストは、読者さんに次のお話を読んでもらえるよう、しっかりと工夫されているように感じます。謎を残した最後に、私はもう次がどうなるのか予想して、ドキドキしっぱなしです!

    久しぶりに、ギャグものでドキドキハラハラしました。下垣さん、貴方はスゴい人です!そして、貴方だからこそ、お願いしたいことがあるんです。
    もし良ければ、私の作品(御法川さんには勝てない!)も読んでいただけませんか?
    一応ラブコメですが、コメディー要素は少なめです。その分、キャラで補えるように努力してます。

    最後に、応援の気持ちを込めてレビュー🌟を書かせてください。気に入ってもらえれば幸いです。
    これからも、下垣さんらしさを忘れずに執筆頑張ってください!応援してます!
    長文、失礼しました。

    作者からの返信

    感想とレビューありがとうございます(*''▽'')
    楽しんで頂けたようで何よりです。
    キャラ設定とストーリー展開を褒めて下さりありがとうございます('ω')
    時間がある時に錆びた釘さんの作品の方を読ませて頂きますね。
    これからも執筆を頑張ります。ありがとうございました。そこまで褒めて頂けると励みになります。

    2020年4月9日 15:06