この世界はラボラトリイ~世間からずれた感覚の後輩が幸せになって欲しい。

作者 江戸川ばた散歩

すべてのエピソードへの応援コメント

  • エピローグ 行ける彼と待つ管理人へのコメント

    とても面白かったです。

    ……というか、トモミがまさに件の企画冒頭のエピソードにおける彼女そのもので、読みながら色々なことを思ってしまいました。ひょっとして、あの短い文章に何か感じるものがあって企画にご参加いただいたのでしょうか。もしそうだとしたら、いち企画主催者としてこれに勝る幸いはありません。

    作者からの返信

    たぶんそうではないか、と思ったことは確かです。
    自分が自然に感じて対応していることがどうも世間とはずれているらしい、だから対応はいちいち学習しなくてはならない、というのがこの話書いてる時のものでした。ぶっちゃけて言えば自分にアスペの傾向があると気づいた辺りですね。
    その頃に様々な本も読んで、対応策とか考えたことがあります。
    つまり異次元~というのは「火星人」と同じくくりです。それをSF風にしてみただけで。
    ついでに言えば、そういうひとには不自由しない程度の生活が保障されているとありがたいなあ、という願望も入ってますが(苦笑)。

    でまあ、冒頭の部分がネックになっているのに「気づけない」というのも客観性の薄さなんですよね……
    ちょっと配置変えてタイトルも減らしてみました。

    2020年8月25日 21:26 編集済

  • インタールード 時空の管理人へのコメント

    率直な感想です。

    二話目からはマジで面白いのに、このプロローグが読み手に次の話へ進ませることを邪魔してると思う。

    スピンオフであることは別の場所で説明するなどしてもいいんじゃないかと思います。すごくもったいない。

    作者からの返信

    なるほど、入り口がアウトでしたか…… 
    これはワタシの性質的に気づけないところでした。
    どうしてもこの話がスピンオフというか、他の同じシリーズの別世界線ということが頭にありすぎました。
    これはこれとして(こだわり)別バージョンとして出してみて試してみようかと思います。
    ありがとうございました!

    2020年8月25日 12:05

  • すべてのエピソード 3
  • 1.コントラバスの奇妙な新入生
  • 2.吉衛トモミの持つ根本的なもんだい
  • 3.「彼女の方式」に気付くまで
  • 4.後輩は、意外に人気があった。
  • 5.「僕はね、倉瀬君。本当に君に感謝しているんだよ」
  • 6.「僕達はこの世界の人間じゃあないから」
  • 7.「お前何で、俺の部屋の荷物を勝手に運んだんだ?」
  • 8.「あなたは、彼女がものの値段を正当に評価できると思いますか?」
  • 9.「BELL-FIRST」
  • 10.当時の「カノジョ」
  • 11.「普通のひとがどう考えるのか忘れかけてたんじゃない?」
  • インタールード 時空の管理人 1
  • 12.「先輩が、死んだ時、ワタシがどうすればいいのか、何処にも書いてないんです」
  • 13.「じゃあどうすれば、いいのかしら」
  • 14.「僕等と一緒にバンドをやろうよ」
  • 15.三年経っていた。
  • 16.可愛い? 可愛い? 可愛い?
  • 17.「だったらいっそくっつけてしまえ!」
  • 18.「でもキミはワタシと同じ種類の人間だ、と思ったから」
  • 19.「完璧にコピーできたら、何かプレゼントしようか」
  • 20.「何で、『笑う雨』なの?」
  • 21.彼は受話器を取り落とした。
  • 22.「お前の世界の土砂降りの音は、あの世界の人間にとって、一番心休まる音と同じなんだ」
  • 23.「それでも先輩、ワタシは、」 1
  • エピローグ 行ける彼と待つ管理人 1