生配信7 サーバーの象徴

「どうも、今日もゲーム配信。配信者はお馴染みTakiチャンネルの滝です」


『どうも!』

『ばんは!』

『こんばんは!』


 コメント欄には挨拶の文字がずらっと並んでいる。


「はい、リスナーの皆さんこんばんは」


 挨拶には挨拶で返す。これは配信でも日常でも変わらない。


 なんてまるで常識人みたいなことを思ってみたりして!


「はい、ええっとじゃあ、マイクラ配信をしていきたいと思います」


『待ってた!』

『早く早く』

『夜こそは!』


 急かしてくるリスナーさん達。わかってますよ。でもまずは、


「昼配信でお伝えしたと思うのですが、改めて配信内容を説明していきます。この夜配信はリスナー参加型配信です。昼はね、リスナーさん達に家を作ってもらいました。例えば、これね」


 俺はサーバーに入り、昼間作ってもらった城のような家を見せる。確かこれは『優』の評価も貰った建築物だ。


『城じゃん』

『優秀作品じゃん!』

『これはすごい』


 昼配信を見ていた人、見れなかった人に紹介していく。


「そうなんですよ。昼配信見ていた人には分かると思うんですけど、見れなかった人にお伝えすると、これは2時間で1人のリスナーさんによって作られた家です」


 あの少ない時間で城を作り上げてしまうリスナーさんは、本当に凄いと思う。作っている過程をちょっと見てみたかった。


「次の家作品は、このドーム型の家」


『可』の評価を受けた作品も見せる。どっちも俺では作れない作品なので、このまま一生残しておくつもりだ。


 ドーム型の家を紹介し、元いた場所に戻ろうと歩いていると、1人のリスナーさんが気づく。


『クレーターがなくなってて草』と。


 1人が気づくと、2人、4人とだんだん増えていく。


『直したの?』


 このコメントが目に入り、俺は説明をする。


「俺は直してないよ。直したのは聡太さん」


『詳しく』

『マジか』

『1人で?』


 詳しく説明して欲しいらしく、あった出来事を全て話す。


 電話をしてきたこと。聡太さんが暇人化していたこと。サーバーに入り、1人で黙々と穴を埋めていたこと。全てだ。


「無くてもいい穴だから、全部埋めてもらった。1番被害が大きかったサキサキさんのファンの家の跡地、あれが1番キツかったって」


 それはそうだ。だってあれが1番TNT置いてあったもん。爆破の後、めちゃくちゃカクカクしたし。


 で、話を戻そう。


「昼配信で、夜何やるかって話になって、サーバーの象徴を建てようって話になりました。なので、また30人配信に参加して頂きたいと思っています。サーバーパスワードは配信画面に載せるつもりです。参加していただける方は打ち込みの用意をお願いします」


 パスワードを用意しているうちに気づく。


「そう言えば、昼配信に参加した人は、夜配信に参加しないでくださいね」


 そう伝え、パスワードの用意を終わらせる。


「もう用意できましたかね?」


『できた』

『できた』

『できた』


『できた』のコメントが連続で流れていく。じゃあ、準備はオーケイね。


「それでは、3、2、1のカウントダウンで表示していきます。3、2、1、はい」


 表示した途端に、30人がサーバーに入ってくる。


「はい。終わりですね。今日はこの30人のリスナーさんと『マイクラ』配信して行こうと思います」


『入れた!』

『入れた』

『次の機会狙う』


「入れなかった人は残念ですが、よろしければ見て楽しんでいってください。じゃあ参加してくれるリスナーさん達は、その場で横1列に並んでください」


 俺の指示で横1列に並んでくれるリスナーさん達。昼に控えていた昼配信参加者の名前と、今いる30人の名前を比較する。


 んんっと、1人もいないね。ダブりは。


「はい、ありがとうございます。昼配信に参加した人はこの中にはいないようです」


『本当に?』

『俺は見る側に回ってる』

『俺も』


「はい、本当です。名前をね、確認したから。まあ、名前を変えられたり、違うアカウント使われたりしたら分かんないけど、そんな人は俺のリスナーにはいないから」


『そ、そうだよね(汗)』

『俺は考えてなかったよ(目を逸らす)』

『俺も(目が泳ぐ)』


「汗かいたやつ、目を逸らしたやつ、目が泳いでいるやつはブロック対象だよ。気をつけたほうがいいよ」


『あわわわわ』

『ブロック草』

『簡単にブロック草』


 まあ、そんなことはしないんだけどね。


 コメント欄と戯れていると、マイクラのチャット欄で『今日は何作るの』と質問される。


 昼配信見れなかった人かな? じゃあ説明して行こう。


「今日何作るのか質問されたので、お答えして行こうと思います」


 チャット欄では、昼配信見た人が見ていない人に説明をしている。


「今日はこの滝サーバーの象徴、大っきい俺の像を作っていきます。今、画面に出すね」


 サーバーパスワードを消して、昼配信後に撮った俺の全体写真を表示する。


「これが俺の全体写真。この全体写真を見ながら俺の像を作っていきます。ちなみに、主に使うブロックは決めています」


 緑色のブロックに黒色のブロック、石のブロックなどなど10種類のブロックを置いていく。


「これが主に使うブロック。主に、だから。もし、色が足りないとか、この色違うんじゃないとかあったら、臨機応変に対応していただけると嬉しいです」


『TNTがない』

『マグマなくない?』

『爆破要素が足りない』


「俺の全体写真見た? TNTとかマグマとか必要ある? それに爆破要素はなくて当たり前です。爆破する予定ないもん」


 リスナーさん達と絡みすぎると時間がなくなるので、そろそろ作業を開始する。


「じゃあね。この広い、凹凸もない真っ平らな場所で作って行こうと思います」


 チャット欄で『了解』『はーい』とちゃんと返事を送ってくれるリスナーさん達。送ってくれるということは、配信見ながら参加してくれているようだ。


「じゃあ、まずは土台である足を作っていきましょう!」


 こうして、俺の像作りが始まる。


 まずは、先ほども言った通り、足から。


「足はね、縦6横6に高さ4で良いんじゃないかな? もちろん黒ブロックで」


 俺の配信を見ながら参加してくれているので、30人のリスナーさん達はすぐさま動いてくれる。


「中には何も詰めなくて良いよ。空洞のままで」


 チャット欄には『はーい』の3文字。


『中に何も詰めないの?』

『時間がかかるから?』

『詰めようよ』


 コメント欄は空洞のままが嫌らしい。


「空洞のままじゃあ、ダメ?」


『手抜き』

『手抜き』

『手抜き』


 1人が『手抜き』と打つと、みんな打ち始める。


 別に中にブロック詰め込んでもいいけど、かなり時間かかると思うんだけどな。


「じゃあ何を『終わった』ん? 何が?」


『手抜き』コールの中、1つだけ『終わった』と打ち込んでくるリスナーさん。


 何が終わった? 何が終わったの?


 配信が止まったのかと思い、スマホで自分の配信を検索する。検索結果を見ると俺の配信は止まっておらず、見ることができる。


 じゃあ何が終わったのだろうか。と思っていると、チャット欄で同じ文字が打たれていることに気づく。


「え? もう終わったの?」


 作り始めて3分も経っていない。リスナーさん達が作っていた場所を見ると、確かに俺が指示した通りののが出来上がっていた。


「早」


『早』

『早』

『早くて草』


 俺的にはもっと時間がかかると思っていたので、ちょっと驚き。


 出来たものを、真上から見てみる。


「うん、俺が思っていた通りにできてるわ」


 中は空洞だが、外から見れば黒い箱状の物が出てきている。


『中詰めよう』

『中に何か詰めよう』

『マグマ詰めよう』


「じゃあ何詰める? マグマ以外。もう、そのまま黒のブロックでいいんじゃない?」


『ええ、マグマ詰めよう』

『マグマがいいと思う』

『マグマか水』


 なんでこんなにマグマが推されているのか、全く持って分からない。


 そんなにマグマがいいのか? でもマグマを詰めたところで意味ないよな。


 なんて考えながら空洞の方を見ていると、1人のリスナーさんが、中に入っていき、何かを敷き詰めに行っている。


「ん、何敷き詰めてんの? あの人」


 1人が何かを敷き詰めていると、2人3人とドンドン人数が増えていき、やがて何かを敷き詰め終える。


「おい、嘘だろ」


 最初の方は何を敷き詰めているのか分からなかったが、段々積み重ねていくごとに、それが何なのか分かってきた。


「なんでTNTなんか詰めてんだよ! 起爆したら1からやり直しな「ボォオオオオオン!」んだ、ぞ。………おい、おいおいおい!」


 TNTが爆発し、マイクラがカクツク。


『草』『草』『草』

『草』『草』『草』

『でっけー花火だ!』


 そこにあったはずの黒色の箱状の物がなくなり、大きなクレーターが出来上がる。


「ふ、ふざけんなよ。1からやり直しじゃん!」


 チャット欄に「誰が起爆させた」と打ち込もうとすると、その前に1人の参加者リスナーが『起爆させちゃった。ごめん』と送ってくる。


「ごめんで許されるか! おい、29人のリスナー達よ、そいつを殺せ!」


 クリエイティブモードからサバイバルモードに変更し、起爆させた奴の殺しを命ずる。


 命じられた29人の中には、一緒に敷き詰めた奴もいるが、起爆させた1人のリスナーが全て悪いので、他の奴らは許してあげる。


 誰かがどうやら殺したようだ。キルログに名前が載る。


「よし、よくやった。じゃあ、まずはこのクレーターを埋めるところから始めよう」


 埋める作業をすること10分。クレーターは綺麗さっぱりなくなる。死んだ奴も戻って手伝ってくれた。


「はい、じゃあさっきの指示通り、動いてください。中には何も詰めるなよ」


 1から作り直し。中には何も詰めないことにする。


 俺も作業の手伝いをするため、黒色のブロックを持ち、作業場へと向かう。


 俺1人では5分かかるところを、30人いれば3分以下で終わる。


 爆破から13分で元通り。次の工程に入っていく。


「よし、次は下半身を作っていきます」


 ここが、俺の像を作る際に1番難しい所。迷彩柄って、緑一色というわけではない。深緑や薄緑など使わなくてはいけない。また配置も工夫しなくてはいけない。


 迷彩柄に使うブロックは、スライムブロックにエメラルドブロック。緑色のブロックに茶色のブロック、黒色ブロックなんかも使う。


 さて、どう動くか。


 難しい所だけあって、慎重に動かなくてはいけない。


 30人のリスナーも慎重に………動いてないんだが。


 リスナーさん達の動きをよく見ると、まずは緑ブロックをある程度の高さまで積み立てている。縦横は足と変わらずで、高さは10と言ったところか。


 積み立て終えると、緑ブロックを破壊し、破壊した所を色んな色のブロックで補強している。また別の場所を破壊しては補強、破壊しては補強。徐々に迷彩柄っぽくなっていってはいる。


 なるほどね。こういう風にやれば良かったのか。


 俺が考えていた作り方は、ブロック1個1個慎重に積み立てていくやり方。あのように緑一色に染めた後、色々な色のブロックを入れてみる方法は思いつかなかった。


 俺1人だけボーッと見ているわけにはいかないな。


 リスナーさん達に混ざって、迷彩柄を作っていく。


「ついでに、上半身もこのまま作って行こうか」


 全身迷彩柄なので、この作り方で上半身も作っていく。


 ………

 ……

 …


 配信が始まって2時間と50分。見ている側のリスナーさん達からアドバイスや工夫の仕方を教わり、参加しているリスナーさん達の邪魔にならないように作業を続け、やっと俺の像が完成する。


 写真と像を見比べると、若干違う所はあるが良い出来栄えだった。


「これがサーバーの象徴か!」


『でっかい滝』

『近くで見てみたい』

『マイクラ配信定期的にやってほしい』


 リスナーさん達の要望には答えてあげたいが、次のマイクラ配信はやるかどうか、決めていない。だからなんとも言えない。


「はあ、めちゃくちゃ良いわ。めちゃくちゃ嬉しい。あの像の近くで写真撮ろ」


 昼間も参加者リスナーさん達と記念写真を撮ったので、今回も記念写真を撮る。


『どこで撮るの?』

『足元じゃあ映えないよ』

『頭の上で撮れば』


 足元近くで撮ろうと思っていたのだが、それを言う前に『足元じゃあ映えないよ』のコメントが目に入る。


 確かに、映えないな。


「頭の上にみんな集合!」


 30人のリスナーさん達と一緒に頭上まで飛んで行き、2列ぐらいに並び、記念写真を撮る。


 昼間同様、撮り終えたら配信は終わり。のつもりだったが、1人の参加者リスナーさんがチャット欄でこんなことを呟く。


『背中見てみてw』と。


 しかも、呟いた奴は起爆させたリスナーさん。


 嫌な予感がして、すぐさま背中を見に行く。


 もしも、背中に大量のTNTとかあったら、アイツ絶対ブロックしてやる。


 そんな事を思いながら背中を見ると、


「おいおいおい。これも記念に残るの?」


『サキサキさん 大スキ』と2行に分かれて書かれていた。


『滝もサキサキさんのことが好きなのか』

『告白か?』

『同志だな』

『爆破しないの?』


「いや、確かに配信者仲間だから友達として好きだけど。告白するほど知っているわけじゃないし、まだ知り合って1週間も経ってないよ!」


 初絡みだって、昨日のマリカーだし。


「爆破………いや、後で直すわ。この配信終わったら私かに直すわ」


 もう、余計な事しやがって。TNTじゃない分、良かったけども。


 サキサキさんにバレでもしたら、絶対次のコラボでネタにされるもん。


「はあ」


 ため息をついていると、


『Souちゃんチャンネル : サキサキさんに知らせといた。スクショも送ったよ(^ ^)/』


 聡太さんがまたしても俺の配信を見ていて、余計な事をしてくれる。


『バレて草』

『ナイスです』

『草』『草』『草』


「ちょっと、余計なことしないでくださいよ。聡太さん!」


『Souちゃんチャンネル : もう少し待ったらサキサキさんくるよ!』


「今日はご視聴ありがとうございました。では」


 俺は速攻で配信を終わらす。


 マイクラサーバーに残っている30人のリスナーさん達にチャットでお礼を伝え、出てってもらい、マイクラを閉じた。


 これでサキサキさんと会うまでは、ネタにされることはないだろう。


 そう安心し、タバコに火をつける。


 いつも通り吸っていると、Twitterから通知が。スマホのロックを解き、Twitterを覗くと、


『Takiチャンネルの滝さんは私のファンらしい! ほら、見て見て! 背中に私の名前と『大スキ』の3文字が! 後で、配信動画を見なくては!』


 サキサキさんが呟いていた。


 俺はスマホの電源ボタンを押し、見なかったことにした。そう、俺は何も見ていないのだ。



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます