捨てられるもの、捨てられないもの。

作者 水瀬さら

すべてのエピソードへの応援コメント

  • へのコメント

    共依存と書かれた方がおられましたが、そういうものなのかもしれませんね。
    愚かだ、弱すぎる、と考える向きもあるでしょうけれど、それが人間の奥底にある強い何かなのでしょうね。

    作者からの返信

    最後までお読みくださり、ありがとうございました。
    書いている時はあまり意識していなかったのですが、ご感想をいただくうちに「共依存」について考えるようになりました。
    愛、というか、人間の心の奥には、一言では言えない、深くて強いものがありますね。
    コメントをいただき、感謝しております。
    どうもありがとうございました!

    2020年2月8日 08:40

  • へのコメント

    こんばんは。

    ごめん、はちょっと……。💦

  • へのコメント

    コメント失礼いたします。

    途中で、ああこうなるのかと思っていたら、最後はそっちに転ぶのかってなりました。
    気の弱い和花さんでしたが、ラストは和花さんが誰よりも一枚うわてのようで、すがすがしくさえ感じました。
    面白かったです。

    作者からの返信

    お読みくださり、ありがとうございました。
    面白かったとおっしゃっていただき、ホッとしております。
    一見弱そうに見える和花ですが、実は彼女が一番強いのかもしれません。
    コメントをいただき、ありがとうございました!

    2020年1月31日 23:05

  • へのコメント

    はじめまして。現代ドラマ好きなのですぐのめり込めました。立場逆転…なんでこの2人は一緒にいるんだろ、別れればいいのにと言う組み合わせをよく見ますけどね💦
    今後どうなるのか…

    短い中で上手く纏まっていて読みやすかったです!

    作者からの返信

    お読みくださり、ありがとうございました。
    今後どうなるのか…心配ですね💦
    でもこの主人公は、母親のようになるのではないかな、なんて思っています。
    読みやすかったとおっしゃっていただき、とても嬉しいです。
    コメント、ありがとうございました!

    2020年1月26日 18:51

  • へのコメント

    ええええー。ラスト、そっちに転びましたか……。やられました。
    うーん、でも、リアルかと。救いがあるようで、救いはない。というか、その人間の本性からは中々逃れられないものですね。短編なのに充実したストーリーでした。
    ありがとうございました😊。

    作者からの返信

    「やられました」嬉しいお言葉ありがとうございます!
    救いがあるようで、救いはない。しかしこれも「愛」の形なんでしょうか…
    充実したストーリーとおっしゃっていただき、投稿してよかったです。
    ありがとうございました!

    2020年1月25日 15:51

  • へのコメント

    遺伝でしょうか……。胸がキリキリします。

    作者からの返信

    遺伝なんでしょうかね…キリキリしていただけたのなら、満足です。
    ありがとうございます。

    2020年1月25日 15:46

  • へのコメント

    開始二段落で、すでに胸がキュっとなりました。水瀬さらさんワールドだなぁ。うーん、後半も不穏。

    作者からの返信

    不穏なはじまりですが、楽しんでいただけたら幸いです。
    コメント、ありがとうございます。

    2020年1月25日 15:44

  • へのコメント

    はじめまして。
    読み終わっての感想、一言。怖いです。
    これって共依存ですね。
    橘さんと彼女。父と母。私と勇人。
    すべての関係が、共依存。
    でも、愛とはそもそも依存することからはじまるのか?
    考え込んでしまいます。

    作者からの返信

    お読みくださり、ありがとうございます。
    共依存…そうですね。
    歪んだ愛情の形のようなものを書いてみたくて、このお話を書きました。何かを感じていただければ嬉しいです。
    コメント、ありがとうございました!

    2020年1月23日 10:47

  • へのコメント

    報われない恋愛なんだろうなぁと、途中まで、橘さんとの新たな物語が始まることを期待したりしてましたが…
    まさかの展開。

    ラストの一言が…

    ぞくりと、きました。

    作者からの返信

    お読みくださり、ありがとうございます。
    ラストでぞくりとしていただけたのなら、大変満足です。
    コメントをいただき、本当にありがとうございました!

    2020年1月21日 21:41

  • へのコメント

    初めは主人公が不憫でしたけど、最後には複雑な男女のあり方が描かれていて、感慨深いものがありました。

    愛の形って難しいものですね。

    面白かったです。

    作者からの返信

    たくさんの作品の中から私のお話を見つけてくださり、また最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    面白かったとおっしゃっていただき、ホッとしております。
    コメントありがとうございました!

    2020年1月20日 08:51