第7話 喜雨

待ち焦がれたあの人を

雨が連れてきた


会うときはいつも

これきりかと


雨降りに会える


「もうお終いですか」

「どうかしら」

「一緒に生きてはいけませんか」

「さてね」



やまない雨はありません

「忘れたころにまた」


あの人は去る



喜びの雨

あの人に会える


地面を

ぴちゃぴちゃと弾く喜雨

あの人を早く連れて来て

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます