第4話 雨あがり

まだ匂いが残っている


さっきまでいたのに

もういない

もうどこにもいない


目を瞑るとまだいるのに

何の音もしない


祭りのあとの朝みたいに

何もない

何にもなかったことのように

何も残さないで

消えてった


どこへ帰っていったの


水たまり

わざと踏んで帰った

忘れないように

ここにあったことを

踏んずけて帰った


小鳥が

ちゅんちゅん と鳴いた

もうお終いですよ と泣いた

深呼吸して帰った


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます