雨のための詩

小鳥 薊

第1話 雨のための詩

さえずる小鳥を遮って 私

水溜り どんどん大きくなっても 私

陽が射しても 私

雨音は 私だった

いつの日も いつでも




なぜ君は泣かないのか と訊かれた

私は独りで泣くのだから

いいでしょ


雨音を聴きながら

雨音と一つになって


しと しと しと

と 一つになって


ぽつり ぽつり

の 一つになって


アスファルトに溶けていけたなら……

地は鍵盤

雨は音楽

生み出されるム―ブマン

私は躍って

雨のロンド


やがて夜もふけ

私らしく眠るために

雨音を聴きながら

雨音と一つになって


私は雨のように泣く

傍らに 雨でいい

雨がいい

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます