子連れフロリダ滞在記録

れん

第1話 フロリダ

 主人の仕事の都合でフロリダへ引越。乳幼児を二人連れてはるばるやって来て早一年。

 ハイハイしてた子がもう走りそう。日本語も覚束なかった子が英語喋ってる。必至で勉強してるわたしの何倍ものスピードで! くそう。


 フロリダ南部に住んでいます。ここは白人よりも南米ラテン系の方が多い地域で、どこに行っても見るのはラテン系。アジア人は凄く少なくて、日本人となると会えたらめっちゃラッキーらしい。

 「らしい」というのも、わたしはこの一年間で、3人もの日本人とばったり会っている。こんなことは普通ないそうで、こちらでできたママ友曰く「子供ができるまでの八年間誰にも日本人に会えなかった」だとか。八年も日本語話さないと忘れそうだ。


 あんまりアジア人差別は感じないところです。ラテンの皆さんへの差別はあるみたいですが、少なくとも彼らからの日本人差別はありません。優しくしてくれる人が多いかな。たまに会う白人はその限りに非ずですが、そもそも少なくてめったに会わない。


 南米の国々の母国語はほぼスペイン語。ブラジルはポルトガル語。道を歩けばスペイン語しか聞こえないこともしばしば。

 英語でさえ聞き慣れないのに、普通の事のようにスペイン語で話しかけてくる人が結構いる。もちろん分からないから、わたしが「は?」という顔をしていると、ラテンからも「何でわからないの?」みたいな顔が帰ってくる。何でやねん。知らんがな。彼らには共通語の認識なんかしら? むしろ面白い。

 こういう時、ろくに話せなくても「English please.」って返事したら会話が終わります。たぶん向こうも英語を話せないから諦める。スペイン語なんて、ここに来て初めて聞いたよ!無理や!笑

 *英語はちゃんと通じます。ただ、マイアミだと通じない事もあるとか。フロリダ南部に限って言えば、英語とさらにスペイン語も出来たら最強だと思う。


 ちなみに、大抵の製品には英語とスペイン語が併記されてます。(ミシガン州出身の方によると、これはフロリダだけとのこと。やっぱりね)それだけの人口を占めると言うことでしょう。中国人やインド人もすごく多いけど、ここまでじゃない。

 ちなみに、アメリカの学校で習う第1外国語はスペイン語だそうな。


2019.8.29

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます