小説投稿サイトの作品にファンアートを描いたら、学園一の美少女にやたらと相談されるようになった件

作者 ヤマモトタケシ