ポンと叩けば

作者 詩一@シーチ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • ポンと叩けばへのコメント

    面白い能力です、ほしいような、ほしくないような。

    どちらの状態が幸せなのか、深い話でした

    作者からの返信

    坂井令和(れいな)さん
    コメントありがとうございます!

    無ければ無い方が良いんですよね。混乱しちゃうんで。

    深いお話と読み取って頂けて嬉しいです。

    お読みくださり、ありがとうございました!

    2020年2月8日 10:01

  • ポンと叩けばへのコメント

    コメント失礼いたします。
    読めば読むほど面白く、深く考えさせられます!
    現実か現実逃避か、はたまた精神的な病なのか、冒頭の頭痛で倒れたか……。
    なんにしても、彼はこれからもポンポンし続けて麻薬のように沼にはまってしまうのでしょうかね。恐ろしい……!
    と、想像が止まりません!
    この読了感は、某ショートショートの神様の本を読んだ時と同じで、震えました。

    また他の作品にもお邪魔させていただきます!

    作者からの返信

    佐藤アキさん
    コメントありがとうございます!

    冒頭の頭痛は新しいですね! 初めての意見です。
    どれが本当なのか、というところで想像を膨らませてくださり嬉しい限りです。

    ありがとうございます。励みになります。

    2020年1月23日 00:56

  • ポンと叩けばへのコメント

    うわー、これは真実がどっちかわからないなー! 気になるなー!

    作者からの返信

    六畳のえるさん
    コメントありがとうございます!

    六畳のえるさんがお考えになられたパーセンテージの高い方で解釈して頂ければ幸いです。真実がどちらかは、決めない方が良いような気もしますし。

    2020年1月18日 00:06

  • ポンと叩けばへのコメント

    お久しぶりです…!どれから手をつけようか迷ったので、ととむんさんにオススメして頂いたこちらにしました(*`・ω・)

    真実は本当に魔法が使えたのか、もしくは夫が狂っただけなのか…
    自分に見えてるものが、他人に見えてるものが真実とは限らないですよね。
    この終わりもそのどちらでもなく、ホントはドラえもんの道具をのび太が使ってて、たまたま夫が手を叩くタイミングと一緒だっただけなんてことも…(いやないですね笑)

    私は主人公である夫の魔法なんだと思いたい。例え妻や医者やその他大勢が違うと思っていても

    作者からの返信

    朝山なのさん
    コメントありがとうございます!

    お久しぶりですね!
    なるほど他薦があったんですね。ありがたいことです。

    おおおお!
    凄い、ドラえもんのび太の考えは新しいですね!
    偶然、なにかが起きているだけというのも、在るかも知れないですね。そこに理由を付けたがるのが人間というものでして。

    魔法を使えるようになったのであれば、想像しうる中で一番のハッピーエンドですね。……まあちょっと苦々しい部分は残っちゃうんですけど(笑)

    2020年1月14日 19:20

  • ポンと叩けばへのコメント

    ゾッとする面白さです。
    真実が闇の中なのも、うすら寒い恐怖感を掻き立てます。

    因みに私は正気と狂気が入れ替わるスイッチと捉えました。

    作者からの返信

    近藤銀竹さん
    コメントありがとうございます!

    楽しんで頂けて良かったです。

    正気と狂気が入れ替わるスイッチ……! なるほど。

    2020年1月7日 22:56

  • ポンと叩けばへのコメント

    これは夫が狂ってしまった説を私は押し続けます。
    理由はそういう展開の方が好きだからです(おい)

    作者からの返信

    聖願心理さん
    コメントありがとうございます!

    気が狂ってしまった説濃厚ですよね。実際嫁とも噛み合ってない部分ありますし、ストレスマックスですし。
    聖願心理さんの好きな展開で解釈していただけたら、私はとても幸せです。

    2019年12月31日 16:29

  • ポンと叩けばへのコメント

    怖い……。

    作者からの返信

    如月芳美さん
    コメントありがとうございます!

    ホラーとして読んでいただけたようですね。SFとして読んでも怖いのでしょうけれども。

    2019年12月31日 16:23

  • ポンと叩けばへのコメント

    コメント失礼します。 

    タイトルがどことなく可愛いかったのですが、オチがこうなるとは……
    すっかり騙されました。

    作者からの返信

    烏目浩輔さん
    コメントありがとうございます!

    タイトルは言われてみれば可愛いですね。
    ショートショート的には大成功なタイトルなんだなあと思いました。
    ただ純粋な気持ちで読んでくれた方には申し訳ない事にもなりそうだなと、コメントを頂いて気付きました。

    2019年12月30日 17:42

  • ポンと叩けばへのコメント

    私の主観で進む内に、どの状態が本当で、男は正気の時なのか、それともやっぱり魔法があるのか、妻は改心したのか、ゾクゾクしますね。

    作者からの返信

    やまもンさん
    コメントありがとうございます!

    正気なのか魔法なのかどれが本当なのか分からなくて、楽しく書けたので、読んでくださった方にもお楽しみ頂けて嬉しいです。

    2019年12月30日 17:30

  • ポンと叩けばへのコメント

    突然の超能力の発現。なぜ使えるようになったのか。なぜ物だけでなく妻も出現、消滅させられるようになったのか。

    一切が何もわからないまま、物語は幕を閉じる。うーん、こんなにもやっとして怖い話になるとは予想外でした! 自分だったら最後に種明かししちゃいますね!(笑)

    真相をぼかすというのはかなり高等なプロットだと思っているのですが、それをやったのけるとは恐れ入りました!

    作者からの返信

    機人レンジさん
    コメントありがとうございます!

    読み方によってどうとでも取れるものを書きたかったので、最後はボカしました。
    「なんだよこれー、終わってないじゃーん」と思われなくて良かったです。
    読んでくださりありがとうございました!

    2019年12月29日 22:52

  • ポンと叩けばへのコメント

    奥さん、ポン!の前後で同じ人なのでしょうか…? こ、怖い! 沼男を想起しながら読みました。
    ポン!の魔法は全て主人公の妄想という可能性もありますよね…。出て行く前の奥さんはポン!現象に言及していませんし…。

    ふ、深い…。底知れない物語、ありがとうございました。
    ポン!

    作者からの返信

    ふづき詩織さん
    コメントありがとうございます!

    主人公の嫁が同じ人かどうか……!
    なるほどですね。そういう解釈もあるんですね。また一つ作品が生まれて私は幸せです。
    なんと怖いことに私は沼男を知りませんでした。ちょっと今調べて賢くなったんですけど、雷に打たれて新しい存在が誕生することなんですね。なるほど。
    そうですね。嫁は医者に連れて行っただけですし。
    というかそもそも彼はそこに居たんでしょうかね? それも怪しいですよね。

    お読みくださり、また深い考察をありがとうご……あ、あれ? ふづき詩織さん? おっかしいな、さっきまでここにいたのに。

    2019年12月28日 00:37

  • ポンと叩けばへのコメント

    果たしてどちらが幸せなんだろう。

    人間は人生の中であらゆる「if」を抱えて生きている。

    それをポンッと叩くだけでこの男は叶えている。

    しかしどちらをとっても満足出来ず何度も何度もこれからも。

    きっとそういうものなんでしょうね。

    作者からの返信

    飛鳥休暇さん
    コメントありがとうございます!

    どちらが幸せなんでしょうね。

    人は結局ないものねだりの生き物なのかなと思います。
    どれだけ強がってもないものが欲しいし、悲劇を演じて見ても何かに満たされて生きている。
    完全なる充足も、不足もない。
    そう言う世界にしたのは人間で、なのに人間は自分をコントロールできないで幸福と不幸を繰り返して生きています。
    このポンッ。は、果たしてコントロールを得たと言うことになるのでしょうか。

    消えたのは、どっちだ……? なんて(笑)

    2019年12月26日 23:34

  • ポンと叩けばへのコメント

    うーむ、これは面白いです(’-’*)♪
    最初は単に奥さんの物だけがなくなるのかな?と思ったのですが、読み進めるうちに一種の平行世界かな?と想像してしまいました。
    奥さんの散らかし方が生々しいリアルさで、それを不快に思う私の気持ちもすごく共感できました。

    改めて、面白かったです(。uωu)♪

    作者からの返信

    長門拓さん
    コメントありがとうございます!

    平行世界。そのように考えてくださって、大変幸せです。
    SFと言えばそうですよね。本当に魔法を使えるようになったのなら、現代ファンタ……と、あんまり作者がペラペラしゃべるとせっかくの作品が面白くなくなってしまいますね。危ない危ない。

    お読みくださり、また、レビューも頂き、大変嬉しく思います。ありがとうございました。

    2019年12月25日 22:29

  • ポンと叩けばへのコメント

    おもしろいショートショートですね。一気に読了していました。
    冒頭の、妻の散らかし癖にストレスをためる夫の心情があまりにリアルで、もしやこれは詩一さんのドキュメンタリー……? と思ってしまったほどでした。
    私は散らかす方なので、その点から見てもリアルだなあと。本当に、100均で買った品は「いつか使う」とあふれているし、本棚から本がこぼれて積みあがっているし(・∀・;) 違う点は家族に叱られて「ごめんなさい。そのうち捨てます」と頭下げっぱなしなとこくらい(笑)
    大抵は、片づけられない=捨てるものの取捨選択ができない、なのですよね。リアルだなあ……。

    ラストでいろいろ想像が広がりますね。
    主人公が本物の魔法を手に入れたとも想像できますが、私は途中から全てが主人公の妄想ではないかという気もして、白く何もない病室で一人で会話をしながら手を叩き続ける姿を想像してしまいました……。

    作者からの返信

    松宮かさねさん
    コメントありがとうございます!

    一気読みありがとうございます! 全一話ですけど(笑)
    いやいやドキュメンタリーだなんて! そんな、まさか! 私の周りには何もありませんよ? すっごい綺麗。ほら、ほらほら!
    かさねさんに「これ、使うの?」って聞いたら「い、今は使ってないだけで、いつか使うもん! ……たぶん」って言われそう(笑)
    でもちゃんと申し訳ないと思うのが、本作の妻との違いですね。

    なにも無い病室で……それは怖いですね!
    このコメントによって新しい物語が生まれたようでとても幸せです。
    本当の魔法を手に入れたとすると、最後の何度も使うだろうってのは、ハッピーでありながらも諦観と虚無が入り混じる感じになりますね。
    妄想って言うのに気付けて頂けて嬉しい限りです。一応主人公の地の以外のセリフだけを読んで行くと、辻褄が合うようにはしたので。
    ただ、どれが正しいのか、と言うのはかさねさんが導き出したものの中で一番しびれるものにして頂けるとありがたいです。

    色々と想像を膨らませて頂けて、大変幸せでした。ありがとうございました!

    さあ、コメントも書き終わったし、ご飯でも食べるかな。

    ——ポンッ。

    2019年12月25日 22:01

  • ポンと叩けばへのコメント

    これホント面白いですね。いや、その通りだと思います。
    消えて悲しむ。現れて、また悲しむ。でも本当は悲しくないのかも知れませんね。そしてまた手を叩く。
    ポンッ、と。

    作者からの返信

    浅田千恋さん
    コメントありがとうございます!

    人生って、こういうことなのかなーって思いまして。いや、大きすぎますね(笑)

    レビューまでいただきありがとうございます!
    SFでありミステリーでありホラーでもあるというところを理解してくださって嬉しいです。

    2019年12月24日 23:16

  • ポンと叩けばへのコメント

    自分にだけかかる魔法ですな……! 片付けはね、こまめにやらないとね……(そこ?

    作者からの返信

    gaction9969さん
    コメントありがとうございます!

    そうですね。自分にだけ掛かる魔法……それを現代医学の観点から見ると入院やむなしなわけですね。
    そこです!)片づけはこまめに、その通りだと思います!

    2019年12月24日 23:13

  • ポンと叩けばへのコメント

    何が幸せて何が不幸なのか。
    でもこの、ぽん、が永遠に続くなら選択肢が増えて幸せなのかもしれませんね。

    作者からの返信

    木沢俊二さん
    コメントありがとうございます!

    結婚に限らずですが、人生と言うのは良いことと悪いことがあって、どちらか一方だけを都合よく味わい続けることはできないんですよね。生きるのって難しいです。
    そして彼は、あの魔法を使い続けて、どうなっていくのでしょう。そもそもあれは、魔法だったのでしょうか。なんて(笑)

    2019年12月24日 22:25

  • ポンと叩けばへのコメント

    良かったです! 深い話ですね。

    作者からの返信

    桜きさらぎさん
    コメントありがとうございます!

    深い話と言って頂けて嬉しいです!

    2019年12月24日 22:17

  • ポンと叩けばへのコメント

    私、ショート・ショートって言葉に出来ない面白さが命と思っているのですが。これはまさにそうですね。面白かったです。ぽん!

    作者からの返信

    きつねのなにかさん
    コメントありがとうございます!

    ありがとうございます! ……ってあれ? きつねのなにかさんが消えた。おかしいな。
    ——ぽん!

    2019年12月24日 22:15