うそつきマカロン 1

「お口に合うかわからないけど、よかったら食べてみてね」

「うっわぁ……」

 あたしの前の白いテーブルに出されたのは、色とりどりのマカロンだった。パステルピンクにキャラメル色に抹茶色。形はころんとしていてかわいらしい。

「これ、おばさんが作ったんですか?」

「そうよ」

「すっごい! お店で売ってるのみたい」

 咄嗟にそう言ってしまったけど、あたしはマカロンが売っているところなんて見たことがない。というか、マカロンというものを食べたことがない。

「食べてみて? いろちゃん」

 隣に座る風花がにっこり笑ってそう言った。風花は白いふわふわのセーターにレンガ色のロングスカートをはいている。

「んじゃあ、いただきます!」

 あたしは風花のお母さんが作ったマカロンをぱくっと食べる。外がサクッとしていて中がふんわり、そしてすごーく甘い。

「うわっ、おいしいです!」

「よかったわ。もしよければ彩葉ちゃん、夕飯も食べていかない?」

 今日は土曜日。あたしは午後から風花の家に遊びに来ていた。

 風花の部屋にはピンク色のカバーがかかった、お姫様みたいなベッドがある。カーテンもクッションもぬいぐるみも全体的にパステルカラーの、マカロンのようにかわいらしい部屋だ。


「あ、いえ……夕飯は家で用意してくれてるので」

 おばさんはあたしを見て、笑顔のまま首をかしげる。

「彩葉ちゃんのおうちは、誰が食事を作ってくれるの? あの授業参観で時々見かける叔父さま? それとも彩葉ちゃんが作っているの?」

 風花のお母さんは、少しうちの事情を知っている。だけどご飯を作っているのはどちらでもない。

「あ、えっと、あたしも叔父さんも時々作りますけど……いつもは……」

「ナナちゃんよね」

 風花がおばさんによく似た笑顔で言う。

「ああ……あの綺麗な……」

 おばさんはちょっとそこで言葉を濁した。

「ナナちゃんはいろちゃんのお母さん代わりだもんね」

「う、うん。まぁね」

「作ってもらえるならよかったわ。学校帰ってから自分で支度するのは大変だものね。これからは塾に通ったりもするでしょうし」

 塾? あたしは行く予定ないけど。そういえば風花、最近塾に通い始めたって言ってたな。クラスの半分くらいの子も、すでに通っているらしい。

「でも大丈夫なの? 彩葉ちゃん」

 おばさんはそこで少し眉をひそめ、心配そうに言った。

「血のつながった叔父さまはともかく、その人も男性なんでしょう? 彩葉ちゃんもお年頃になるんだし、なにかあってからじゃ遅いのよ」

 あたしはぽかんと口を開けておばさんを見ていた。おばさんの言っている意味がわからなかったから。でも少し考えて納得した。今まで考えたこともなかったけど。

「お母さん! もういいからあっち行ってよ」

「はいはい。わかったわ。じゃあ彩葉ちゃん、ごゆっくり」

「あ、はい……」

 おばさんがにっこり笑って風花の部屋から出て行く。ドアがパタンと閉まると、風花は眉を八の字にして手を合わせる。

「ごめんねぇ、いろちゃん。お母さん悪気はないの。だから気を悪くしないでね?」

「ううん。あたしは別になんともないよ」

 あたしと一緒に暮らすナナちゃんのことを、おかしな目で見る人はたくさんいる。だからそんなのは慣れていたけど、あたしのことを心配されたのは初めてだった。

 だけどあたしはナナちゃんの声以外は、心も体も女だって信じていたから、「なにかある」なんて想像したこともなかったんだ。

「ね、いろちゃん。このマカロン、ゲンちゃんとナナちゃんにも持っていってあげて。お母さんこれ作るのにはまってるから、わたし食べるのもう飽きちゃった」

「うん。ありがと」

 風花は綺麗なレース柄のペーパーで、パステルカラーのマカロンを包んでくれる。あたしはそんな風花のつやつや光った爪を、ぼんやり見ながら思う。

 風花はいつもあたしに気を使ってくれる。風花もあたしの友だちで苦労するな。

 でもそんなに気を使われると……なんていうか……あたしってそんなにかわいそうな子なのかなって思ってしまう。

「はい、どうぞ」

「ありがと」

「今度来たときはわたしの手作りお菓子、ごちそうするね」

 あたしは黙ったまま笑った。ピエロみたいな作り笑いになっていなきゃいいけど。


 夕方、おばさんに挨拶をして風花の家を出た。風花はあのかわいい笑顔で、いつまでもあたしに手を振ってくれた。

 家に着くころ、あたりは薄暗くなっていた。あたしはマカロンの入ったバッグを抱きしめて、階段を駆け上がる。

 重たいドアを押して屋上へ出ると、オレンジ色の灯りのついたあたしたちの家が見えた。

「ただいまぁ、ちょっと遅くなっちゃった……」

 そう言ってドアを開けたけど、台所に人影はない。

「あれ?」

 この時間にはいるはずのナナちゃんが台所にいない。そろそろ出来上がるはずの夕飯もできていないし、なんの匂いもしない。

「みぃ……」

「あ、ミルク、ただいま」

 足元にすり寄ってきたミルクを抱き上げながら、和室のほうを見る。ぼうっと光るパソコンの前に、ゲンちゃんが座っているのが見えた。

 なんだゲンちゃん、いたのか。気配殺すなよ。

「ねぇ、ゲンちゃん。ナナちゃんは?」

「知らん」

 まるで用意していたかのような素早い返答。その不機嫌な声とこの部屋の状況で、あたしはすぐに察した。

「ゲンちゃん、またナナちゃんと喧嘩したんでしょ」

 このふたりは時々喧嘩をする。原因はいろいろだけど、喧嘩すると必ずナナちゃんが家を飛び出してしまう。そしてしばらく不機嫌なゲンちゃんが、結局はナナちゃんを迎えに行って、それでめでたく仲直りするってわけ。

「今日の喧嘩の原因はなんなのよ」

 ふてくされてこっちを向かないゲンちゃんに聞く。だけどゲンちゃんは返事をしない。あたしはミルクの背中をなでながら、ため息をつく。


「ナナちゃんいなくなってどうすればいいの? 今夜のご飯は?」

「メシなんかコンビニ弁当でも食ってりゃいいだろ」

「じゃあ明日の朝は? 明日の夜は? あさっては? ずっとコンビニ弁当食ってろって言うの?」

「うっせぇなぁ」

 ゲンちゃんがくるりと椅子を回してあたしをにらむ。

「お前はナナがいなくなっても、メシの心配しかしねぇのか? ナナはお前にとってそれだけの存在なのか?」

 あたしはぽかんとゲンちゃんを見つめたあと、くくっと声を殺して笑う。

「ゲンちゃんナナちゃんのことかばってる。喧嘩してるのにおかしいよ」

「お前……大人をからかうなよ?」

 思いっきり顔をしかめたゲンちゃんに言う。

「大人ならわかるよね? 仲直りの方法。『ごめんね』って謝ればいいんだよ」

「あ? なんで俺が謝る側って決めつけてんだよっ」

「違うの?」

 ゲンちゃんは少し考えてから、ぼさぼさ頭をさらにぐしゃぐしゃにかき回す。

「あー、そうだよ! 悪いのは俺だよ!」

「で、喧嘩の原因は?」

 ゲンちゃんがぶすっとした顔でつぶやく。

「和菓子と洋菓子、どっちが好きかでもめた」

「はぁー? そんなことで?」

「そんなことじゃねぇんだよ。あいつにとっては」

「あ……」

 あたしははっと思い出した。ナナちゃんの実家が老舗の和菓子店だってこと。先祖代々続いている「しきたり」で、その家に生まれた男の子が店を継がなきゃいけないらしい。だけどナナちゃんは男の子じゃないし、それが嫌で家族ともめて家を飛び出したんだって。「和菓子なんか大っ嫌いだ!」って言い残して。

 そんなナナちゃんに幼なじみだったゲンちゃんが声をかけて、この家に連れてきた。ゲンちゃんって、なんでも拾ってきちゃうんだ。


「俺、そういうの全部知ってたくせに、絶対和菓子のほうがうまいって言い張って、ナナはそれが気に入らなかったみたいで言い合いになって……」

「それが……原因……」

 バカバカしいとは思うけど、長い付き合いのゲンちゃんとナナちゃんにとっては、あたしにはわからない深い物語があるのかも。

「だったらさ、さっさとナナちゃん追いかけて謝ってきなよ」

「それは……いやだ」

「えー、どうして?」

「なんでいっつも俺が謝らなきゃいけねぇんだよ」

「いつもゲンちゃんが悪いからでしょ?」

 ゲンちゃんは何か言いたそうな顔をして、でも何も言い返せなくて、立ち上がりあたしを部屋から押し出した。

「ちょっ……ゲンちゃん!」

「出てけ。俺は仕事があるんだ」

 ゲンちゃんがあたしを台所に突き飛ばし、ふすまを勢いよく閉める。あたしはそのふすまに向かって怒鳴る。

「もー、なんなのよ! ゲンのバカ! ガキ! 意気地なし!」

 思いつく悪口を並べまくってやったけど、ゲンちゃんは部屋に閉じこもり出てこなかった。

「もうっ、世話が焼ける大人なんだから」

 あたしはため息をついて、壁の時計を見上げる。外はもう暗くなってきてたけど、まだそんなに遅い時間ではない。

「ミルク、ちょっとお留守番しててね?」

 あたしはミルクを床に置き、バッグを肩にかけたまま家を飛び出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます