第21話 プディ? 飼い主は私なのよ?(比奈視点)

<比奈視点>



 街路樹を抜け、公園前の道路を抜けると住宅地が見えてくる。

 新しいスニーカーが、まだ足に馴染まず、若干痛いような気もするが、今の私にはどうでも良かった。

 

 このきつい坂を上がると、愛しの幸太君のマンションが見える筈。

 

 気がせって、走りたい、早く幸太君に会いたい、そう思う。

 

 だけど、汗をかいて匂いでもしたら、恥ずかしすぎて、どうにかなってしまう。

 走りたい気持ちを抑え、歩みを速める。


 坂を上がりきったらベージュ色の3階建てのマンションが見えてきた。

 幸太君の住んでいる所だ。


 先程公園内のトイレで、ヘアメイクをし直し、準備万端。

 もちろん、スッピンなのに綺麗に見えるという様なナチュラルメイクだ。

 

 私服に着替えようかとも思ったけど、うちの学校の制服はアイドルグループの衣装の様にお洒落で可愛いし、世間での評判もなかなか良い、まあ、このままでも良いだろう。


 


 私はマンションの階段を上がる前に制汗シートで少しだけ出てきていた汗を抑え、緊張して早くなる鼓動を落ち着かせる。



 汗をかかない様に少しゆっくり目に階段を上る。


 幸太君と今日はどんな話をしよう。


 いつもと違う環境で、心も体も急接近。


 なんてうまい状況にはならないとは思うけど、プディやホロちゃん達と言うスパイスもあるし、いい方向になるかもと期待している自分もいる。


 プディやホロちゃん達の気を引くための、にゅ~る(ニャンコ用、ワンコ用おやつ)の準備もばっちりだ。


 まあ、おやつの食べ過ぎも気を付けないといけないから、この秘密兵器もそうそうは使えないのだけれど……。



 玄関のインターフォンを鳴らし、中に通された。

 幸太君はいつも通りで、もう少し表情に変化が欲しいと、私は心の中だけで若干頬を膨らました。


 プディ達が飛び出してこない様にリビングの扉は閉められていた。



 2度目の幸太君のお部屋訪問。



 男性の一人暮らしにしては、綺麗すぎる気がする。


 他の女の影が無いかしっかりチェックしないと。




 



 リビングのソファにはデンの腹にお尻を乗せ、ホロのちゃんの毛づくろいをしているプディの姿が見える。ホロちゃんは引き気味だが……。









 馴染み過ぎじゃない? プディ……。



 飼い主は私なんだけど……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る