異世界F-1グランプリ 黒銘菓短編集66弾

黒銘菓(クロメイカ/くろめいか)

レーススタート

巨大亀に乗る者


竜に乗る者


ケルベロスに乗る者


ユニコーンに乗る者


蛙に乗る者……






様々なものに乗った人々が身動ぎ一つせずに合図を待っていた。




バン




空砲が一つ。


一斉に走り出した!


違った!空を飛んだり跳ぶ者もいた!










「さー始まりました!異世界最速スピードヤローを決める異世界F-1グランプリ!


何に乗ってもOK!速さイズジャスティス!そんなレースを征するスピードヤローは誰だ!?」


「実況はマッハヒロ、解説は私、ブレーキ役の巽でお送りします。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る