新世界

作品タイトル

 新世界

キャッチ

 「退屈でしたら、人間博物館へ行きませんか」

作者

 リエミ 様

ジャンル

 SF

セルフレイティング

 なし

紹介文

 人類最後の一人は保護したロボットと人の垣根を超えて何を想う


 争いに継ぐ争いの果てに人類は滅んでしまい、絶滅品種の扱いとなってしまいます。

 新世界を築き上げたロボットたちは、人類最後の一人を保護する事にしたのです。

 その世界では貴重な人間ですから大切に扱われ、技術進歩と共に廃棄されるロボットとは異なり、世話をする人間の為に食料まで生産するのでした。

 二十歳になると外の世界を見る事が許され、外へと出て行きますが。


 人の愚かしさを描いては居ますが、同時にロボットに心はあるのか、なぜ保護するに至ったのか、それらも含め考えさせてくれる作品でしょう。

 心の無いロボットが単純に最後の一人だから保護する。

 そこに至るロジックは大切、貴重、後世に残すなど人が考える理由は多岐に渡ります。

 では、ロボットも同じかと言えば、さてどう解釈するか。

 そこは読者自身で読み取るなり解釈する事になるのでしょう。

 文字数は少ないのですが、メッセージ性は高めになっているので、楽しめると思います。


 よろしければ以下リンク先よりお試しくださいませ。


 ★57/フォロワー2人

 文字数:3,886文字(完結済)

 https://kakuyomu.jp/works/1177354054887350057


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます