第3話いろはうた

赤き月傾く頃に逢はむとす亡ききみの声谺せし森


橙の狐火浮きたる夜道には数多の骸母知らず寝む


山吹の萌ゆる世知らぬ閑宅の離れに狂女住ふと云ひき


うるはしき高麗青磁愛づる兄白鷺となり天に放てり


禁色を纏へるきみのなぐさめに都忘れを文に添えをり



2020.04.16 #ハッシュでエア歌会 参加作

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます