第68話 幕間①少しだけ奇妙な甘味処


『甘味処』


 黒い墨で書かれた看板の文字は達筆だった。


 東洋的( オリエンタル)な看板とは裏腹に外観はログハウス。


 ある種、無骨で大胆に積み上げられた丸太の建築物。  


 その周辺に広がる庭は簡素であれ、自然を連想させる。


 メイルはなんとなく――――


「なにやらエルフが好みそうなお店ですね」


 そう口にした。


 しかし、 そんな風情とは無関心なのか? 「良いから入りましょう!」と既にマリアとノエルはドアの前に立っていた。


「ま、待ってください」とパタパタと足音を立て、メイルに入店した2人を 追いかけた。


店内には、焼いたばかりのパンのような香り。若干、異なるのは、香りに甘味のようなものが混じっているからだろうか?


「ちょっと、 これ…… ほ、 本物 かしら?」


 珍しく、動揺を含むマリアの声。何事 だろうか?と2人は視線を移 してみれば――――


『バジリスクの卵(生みたて!)』


『コカトリスの卵( 新鮮おススメ!)』


『蛇神ナーガラージャの卵(ちょっと贅沢に!)』


『レットドラゴンの卵(普段とは違う刺激を!)』  


レジの前に様々な卵が陳列されている。 しかし、どれも モンスターの卵…… それも、普段は中々、出会う事すら困難な種類。


それが店員の手書きPOPで簡単なメッセージが付け加えられ、希少価値に対して、妙に軽薄な印象を与えている。  


普通に考えたら店主の悪ふざけ。 しかし、この店に慣れた感じでベルトが足を踏み入れたの見ると……


「普通の店…… じゃないみたいね」


 マリアの呟きにメイルとノエルは「ウンウン」と首を縦に振って同意した。


 ・・・


 ・・・・・・


 ・・・・・・・・・


  店内を見渡せば……いた。


 ベルトとシルフィドは窓際の席。


  メイルたちは2人の死角になるよう離れた席を選択する。


 ベルトたちは既に注文を済ませたらしく、なにやら談笑をしている。  


 流石にその内容まで3人の耳まで届かない。


「席の選択を間違えたかもしれませんね」とノエル。


「どうします? もう少し近づきますか?」とメイルが提案している最中に店員が注文を取りに来 た。そのため席替えのタイミングを逃してしまう事になる。



「いらっしゃいませ。 こちらが メニュー になります」  


 チョコレートパフェにストロベリーパフェ。 カスタードプディングにシュークリーム。

 東洋的な看板からは連想できないメニューが並ぶ。


 しかし、レジ前に置かれたモンスターの卵が使 われているかと思うと、 どれも選ぶのに躊躇がある。  


 それを、どう感じたのか、店員は――――


「本日のおススメはパンケーキになります」と弾けるような笑顔をみせた。


「―――― そうね。それじゃ、そのパンケーキをお願いするわ」  


マリアの一言にメイルもノエルも続いた。


「私もそれを……」


「私も……」


「はい、パンケーキが3つですね。それでは少々お待ちください」


 それから、暫くするとテーブルに3つのパンケーキが運ばれてきた。


  想像よりも少しだけ大きめのパンケーキ。他には……見た目には、おかしな所はない。


「それでは、食べる前にコチラのシロップをお使いください」


コトッとシロップが入った容器がテーブルに置かれ、店員は店の奥へ戻っていった。


3人は互いに目を配らせ――――


「そ、それはいただきましょうか?」


「はい、いただきます」  


少しだけ簡易化された食事の祈りをメイルが済ませるのを待ち、3人はパンケーキを口に運んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます