SSSランクの最強暗殺者 勇者パーティを追放されて、普通のおじさんに? なれませんでした。はい……

作者 チョーカー

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第29話 メイルは夢を見るへのコメント

    > 両親からも「カレンは男に生まれれば良かったのにね」と悪意のない言葉をかけられた育った姉。 <

    → 両親からも「カレンは男に生まれれば良かったのにね」と悪意のない言葉をかけられて育った姉。

  • 第28話 復活の魔王と四天王と1人へのコメント

    > 魔王はダンジョンコアにてを触れた。 <

    → 魔王はダンジョンコアに手を触れた。


    > 男は、それに支持を出す立場にいた。 <

    → 男は、それに指示を出す立場にいた。

  • 第24話 VS勇者パーティへのコメント

    >  「もしも、スキル発動中に直視する。アイツ以外は視界に入らなくなる気をつけろ」 <

    →  「もしも、スキル発動中に直視するとアイツ以外は視界に入らなくなる気をつけろ」



    > 鞭を追撃する。 <

    → 鞭を迎撃する。

  • 第22話 再会 そして復活の……へのコメント

    > 彼は少女を下ろし、カムイを対面した。 <

    → 彼は少女を下ろし、カムイと対面した。

  • 第19話 ダンジョン突入へのコメント

    > このパーティの率いてもらうのは、もちろんSSSランクであるベルトさんです」 <

    → このパーティを率いてもらうのは、もちろんSSSランクであるベルトさんです」



    > 「俺も元々勇者パーティでも斥候役だった」 <

    → 「俺は元々勇者パーティでも斥候役だった」



    > 「俺たちは梅雨払いだ。 <

    → 「俺たちは露払いだ。 
    https://kotobank.jp/word/%E9%9C%B2%E6%89%95%E3%81%84-176922




  • 第18話 ダンジョン突入前日へのコメント

    > 「俺をメイルは大丈夫だ。後は任せたぞ」 <

    → 「俺とメイルは大丈夫だ。後は任せたぞ」

  • 第17話 西へ――― 出発へのコメント

    > 自信の薄い胸を叩いた。 <

    もしかしたら…

    → 自身の薄い胸を叩いた。

    だろうか?

  • 第12話 討伐依頼とイレギュラーへのコメント

    > お小遣い稼ぎに初心者向け依頼を受けて主を遭遇したと言った感じか? <

    → お小遣い稼ぎに初心者向け依頼を受けて主と遭遇したと言った感じか?

  • 第11話 冒険者ギルド 初依頼へのコメント

    > 呪われてるぞ。そのペンダントだ。すぐに払ってもらえ。いいな?」 <

    → 呪われてるぞ。そのペンダントだ。すぐに祓ってもらえ。いいな?」

    https://kotobank.jp/word/%E7%A5%93%E3%81%86-604886


    > 話も1段落つき、「それじゃ、今度店に顔を出せよな」とベルトはメイルは受付に向った。

    → 話も1段落つき、「それじゃ、今度店に顔を出せよな」とベルトとメイルは受付に向った。

  • 第10話 ベルト再始動へのコメント

    > 「なんで、平然と受け入れてのよ」 <

    → 「なんで、平然と受け入れてるのよ」


    :もう一つ…①
    > 1週間の期間をくれれば君をベルトの妹してあげ <

    → 1週間の期間をくれれば君をベルトの妹にしてあげ

    :もう一つ…②
    > 「話なさいよ。貴方の事だから、何か案があるんでしょ?」

    → 「話しなさいよ。貴方の事だから、何か案があるんでしょ?」


    :もう一つ…③
    > ノエルもメイルも手伝ってくれと言っているから経営を続けていくのに問題はないはずだ」

    → ノエルもメイルも手伝ってくれると言っているから経営を続けていくのに問題はないはずだ」

  • 第8話 回り始める縁へのコメント

    > 私なら、『聖女』として能力を身に着けた私なら、ある程の浄化なら!」 <

    → 私なら、『聖女』として能力を身に着けた私なら、ある程度の浄化なら!」

  • 第6話 グリム家の朝へのコメント

    > 彼をを起こしたのはベルトの妹だった。 <

    → 彼を起こしたのはベルトの妹だった。


  • 第5話 勧誘のお断りを続けてへのコメント

    > 「えぇ、ずっと話していた新機関。ここに設立予定地なのです」 <

    → 「えぇ、ずっと話していた新機関。ここが設立予定地なのです」

  • 第4話 貴族商人の少女 マリア・フラン…へのコメント

    フォローして読み始めました。

    > 「実は依頼主が挨拶をしたいとお待ちでして……お会いなさいますか?」  <

    :命がけで救ってくれた相手への、敬意を払う文言であれば…

    → 「実は、私共の依頼主がご挨拶を申し上げたいとの事なので……お受け頂けますでしょうか?」 

    だろうと思う。

    :同じ理由で…
    > 「たぶん、驚くと思いますよ」 <

    → 「たぶん、驚かれると思いますよ」

    :同じ理由で…貴族や大商人の子女ならば、命を助けてもらった相手に礼を述べるという、人として最低の礼儀位はしつけられているだろう。
    であれば…
    > 「貴方がSランク冒険者? おかげで命拾いしました」

    …は、いくら何でも無いだろう! 下町のヤンキー女じゃあるまいに。

    → 「救けていただき本当にありがとうございました。 おかげ様で命拾いさせて頂きました」

    だろうと思う。


    :もう一つ…
    > 「私、マリア・フランチャイズといいます。お見知りおきを」 <

    :これも…

    → 「私、マリア・フランチャイズと申します。どうぞお見知りおきを」
    だろう。


    :さらに…
    > 「私は、たまたま立ち寄っただけです。 <

    このシュチエーションであれば、「立ち寄った」はおかしい。

    → 「私は、たまたま通りがかっただけです。

    だろうと思う。


    :もう一つ
    > ベルトの言葉にマリアはニヤリと笑う。

    :少女だ。年齢は10代前半にしか見えない。 との設定であれば…

    → ベルトの言葉にマリアはクスリと笑う。

    の方がふさわしいように思う。



    :最後に…
    > 「ベルト、貴方が私の新機関所属の冒険者1号になるのです!」 <

    挨拶を交わしたばかりで、呼び捨ては無いだろう…少なくとも…

    → 「ベルトさん、貴方が私の新機関所属の冒険者1号になるのです!」

    だろう。

  • 第17話 西へ――― 出発へのコメント

    「お気に入り」
    の続きは..?

  • 第29話 メイルは夢を見るへのコメント

    彼を見つけた。私、彼を結婚する!

    私、彼と結婚する?

  • 第8話 回り始める縁へのコメント

    面白くなってきた!(゜Д゜)

  • すべてのエピソード 17
  • 第1話 プロローグ あの時の最終決戦
  • 第2話 勇者パーティからの追放
  • 第3話 オークの群れと弱体化の痛感
  • 第4話 貴族商人の少女 マリア・フランチャイズ 1
  • 第5話 勧誘のお断りを続けて 1
  • 第6話 グリム家の朝 1
  • 第7話 聖女との出会い
  • 第8話 回り始める縁 2
  • 第9話 貴方が、私の義兄さんですね?
  • 第10話 ベルト再始動 1
  • 第11話 冒険者ギルド 初依頼 1
  • 第12話 討伐依頼とイレギュラー 1
  • 第13話 イレギュラーなレッドトロール
  • 第14話 レッドトロール退治と緊急指令
  • 第15話 勇者パーティ 
  • 第16話 勇者パーティ その②
  • 第17話 西へ――― 出発 2
  • 第18話 ダンジョン突入前日 1
  • 第19話 ダンジョン突入 1
  • 第20話 30階層主 出現
  • 第21話 30階層主 撃破
  • 第22話 再会 そして復活の…… 1
  • 第23話 魔王の撤退と置き土産
  • 第24話 VS勇者パーティ 1
  • 第26話 VS勇者パーティ ②
  • 第27話 VS勇者パーティ ③
  • 第28話 復活の魔王と四天王と1人 1
  • 第29話 メイルは夢を見る 2
  • 第30話 第一部 完
  • 第31話 魔王の最動
  • 第32話 断るベルト
  • 第33話 フランチャイズ家の決断
  • 第34話 新しい居候 シルフィド・パラナイト
  • 第35話 ベルトVSシルフィド
  • 第36話 出発直前
  • 第37話 天空高く……
  • 第38話 オリガス到着
  • 第39話 冒険者ギルド建設予定地
  • 第40話 闘技者の世界観
  • 第41話 最上階にて――――再開の再会
  • 第42話 酒と寝技大転回 
  • 第43話 キング・レオンという男
  • 第44話 幻の戦いと再会
  • 第45話 死者を見たのだ
  • 第46話 前哨戦開始3時間前
  • 第47話 試合開始 『不破壊』とベルト
  • 第48話 『不破壊』と呼ばれる男
  • 第49話 敗北必至? 猛省の果てに
  • 第50話 残り3分 都市を破壊する連撃
  • 第51話 破壊成る
  • 第52話 決着 そして次戦の相手は……
  • 第53話 戦闘の裏側で戦闘
  • 第54話 ベルト対ティラノサウルス 開戦
  • 第55話 初手 銀の弾丸
  • 第56話 魔法捕食と業火
  • 第57話 牙の牢獄
  • 第58話 脱出と攻撃
  • 第59話 死を身に纏いて
  • 第60話 ≪死の付加≫……冥王襲名バージョン
  • 第61話 ベルト対ティラノサウルス 決着
  • 第62話 幕間① あらすじ的な話と現在  
  • 第63話 幕間①シルフィドの異変?
  • 第64話 幕間①実妹は恋愛脳だった
  • 第65話 幕間①ベルトとシルフィドのデート
  • 第66話 幕間①そこには2人の修羅が立っていた
  • 第67話 幕間① デートは進み――――
  • 第68話 幕間①少しだけ奇妙な甘味処
  • 第69話 幕間①パンケーキ
  • 第70話 幕間①どの時代の師匠?
  • 第71話 幕間①ベルトの師匠
  • 第72話  幕間①チェイス チェイス チェイス
  • 第73話 幕間①屋根上での攻防劇
  • 第74話 幕間①シルフィドの投擲……その先へ
  • 第75話 幕間①逃走の果て 捕縛
  • 第76話 幕間①その炎の名は恩讐
  • 第77話 レオンの特訓
  • 第78話 潜む者の疑問
  • 第79話 前日の儀式
  • 第80話 そして、係員は0の数字を叫んだ
  • 第81話 儀式の終着
  • 第82話 ベルト式死者蘇生術
  • 第83話 致命的な一撃
  • 第84話 魔獣将軍ラインハルト……四天王最弱の存在
  • 第85話 静かに結ばれる詠唱
  • 第86話 世界を1つ滅ぼすところだった
  • 第87話 ラインハルトの正体
  • 第88話 結界、届かぬ拳
  • 第89話 芽生える疑惑
  • 第90話 幕間② シンラがやってきた
  • 第91話 幕間② 凍りつく瞬間
  • 第92話 幕間②シンラの依頼
  • 第93話 幕間② 討伐予定の魔物
  • 第94話 幕間② 陸クジラの攻防
  • 第95話b 幕間② 伽藍堂世界
  • 第96話 幕間② 天上の尖兵
  • 第97話 幕間② かつて天の使いだった者
  • 第98話 幕間② 飛翔 そして―――
  • 第99話 幕間② 決着 堕天使戦
  • 第100話 幕間② シンラがやって来た 完
  • 第101話 新メンバー募集  
  • 第102話 ベルトの面接
  • 第103話 ノリスの腕前
  • 第104話 ノリスから見た2人
  • 第105話 不死騎手
  • 第106話 叩き込まれた意思
  • 第107話 不死との意思疎通
  • 第108話 ノリスの過去
  • 第109話 首なしゴーレム?
  • 第110話 現れた吸血鬼?
  • 第111話 ノリスの記憶
  • 第112話 刹那の攻防 ルークの異変
  • 第113話 吸血鬼であり、首なし騎士
  • 第114話 ルークの正体!?
  • 第115話 ベルトの苦戦 質量こそパワー!?
  • 第116話 ルーク戦完結
  • 第117話 ルークの断末魔
  • 第118話  ―――ここではないどこか――――
  • 第119話 幕間③ 不記憶の村
  • 第120話 幕間③ 謎の少年
  • 第121話 幕間③ 記憶を失った村人たち
  • 第122話 幕間③ 記憶の個差
  • 第123話 幕間③ 月夜に照らせれた異形
  • 第124話 幕間③ 怪人との戦い
  • 第125話 幕間③ メイルの思考
  • 第126話 幕間③ 繰り返される日々
  • 第127話 幕間③ 光の結界
  • 第128話 幕間③ かつて少年だった大人
  • 第129話 さて始めようか……終わりの始まりだ
  • 第130話 世界に激震が走った
  • 第131話 最強の暗殺者であり、最強の冒険者であった
  • 第132話 戦場 そして一番槍
  • 第133話 その技名が戦場に轟いた
  • 第134話 鮮血が飛び散った
  • 第135話 無計画
  • 第136話 2度目のラストバトル?
  • 第137話 その空間は液体だった
  • 第138話 吸血鬼はもういない
  • 第139話 ノリス対フェリックス
  • 第140話 魔王軍敗北 魔王の目的
  • 第141話 平穏に終わりを告げる客
  • 第142話 魔王の隠れ家
  • 第143話 魔王の屋敷
  • 第144話 魔王の目的とお姫様抱っこ
  • 第145話 呪詛喰い
  • 第146話 魔王、最後の切り札
  • 第147話 ベルトの進化系 
  • 第148話 屋敷の攻防 その後の世界
  • 第149話 ソルの告白
  • 第150話 最後の休息
  • 第151話 心のタガが斬れた
  • 第152話  最も強い者が2人という矛盾
  • 第153話 技とは、それ即ち愛である
  • 第154話 ラストバトル前の遺言と依頼
  • 第155話 戦いは寝技へ? 最強同士の寝技とは?
  • 第156話 魔王のコンセプト
  • 第157話 結局、普通のおじさんに? なれませんでした。はい……