運命共同体

作者 yurihana

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話へのコメント

    はじめまして、DOIと申します。「運命共同体」読ませていただきました。

    まず第一声としてですが、面白かったです。
    その上で一点だけ、ちょっとうるさい事を言わせてください(そこが主眼ではないです)

    「……」(三点リーダーは2つセットが基本)

    「~。」(国語的には間違っていないので問題ないですが、大抵の小説では「」内の。は省略されるケースが多いです。

    例:「こんにちは。」→「こんにちは」

    「!」の後は1マス空けるのが基本です。

    例:「すごい!これは力作です!」→「すごい! これは力作です!」


    というものがありまして、yurihara様に強いこだわりがなければ従っておいた方が無難なルールではあります。


    と、うるさい事はこのぐらいにして(ごめんなさい!)、
    改めて、面白かったです。

    サクラとハルの関係が、百合モノだと思って読んでいたのにラスト、ホラーへと反転していくのが怖くて面白いです。
    過労死・ガンは、どちらを死因に選ぶかで作品の印象も変わるので、yurihara様も迷われたのかな、それとも最初からホラーで行くと決めてガンにしていたのかな、などなど色々考えました。
    こうした狭い関係性の中での狂気と愛、大好物です! ごちそうさまです!

    文章も読みやすく、すっと読みました。素敵な作品をありがとうございました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    そして的確なアドバイスもありがとうございます。
    私は最近書き始めたような若輩者でして、文法等で分からないことが沢山あります。
    だから、こうしてアドバイスもかいていただけるのはとても嬉しいし、勉強になります
    『。』や『!』の用法、次回から気を付けますね
    教えていただき、ありがとうございました。

    最後に、私の作品を面白いと思ってくださって、ありがとうございました!

    2019年10月1日 00:50 編集済

  • 第1話へのコメント

    企画へ参加頂きありがとうございます。
    読み終えたのでコメントを。

    もの凄い駆け足で終わったな、と言う感じです。
    あー、こういった運命共同体の形もあるのだなと、数奇な運命ではありますが。
    と言うか深読みすれば少し違う世界が見えるので、意図したかどうかは定かでは無いですが、ラストでこんな解釈も成り立つのかなと考える事ができます。
    「桜」の花は「春」に例外なく一斉に散るのです。

    とは言え良くも悪くも二人の内心を読者に委ねてしまった作品かと。

    良いとするのは読者サイドの想像力にお任せして、自ら色々考えてください、と言った感じに見て取れる事。
    読み手に思考させるのも一つの表現手法ですので。
    悪いかもしれないのは、読者に丸投げになっていると言う印象を受ける事。

    二つの印象は読み手に委ねられる部分なので、そのどちらの意見を取るかは筆者自身になります。

    以上、なかなかの良作かと思います。
    今後も自己研鑽を積まれて、更なる良作を生み出せるよう期待致します。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    読者さんサイドの考え方が知れて、とても勉強になりました。私的には結末を読者さんに想像して頂きたいと思いながら書きましたが、視野が狭かった部分があることに気がつきました。

    色々と考えながら、丁寧に読んでくださったことが分かるコメントです!
    今後の参考にさせていただきますね
    繰り返すようですが、丁寧なコメントをありがとうございました

    2019年9月29日 14:57 編集済