第55話 異世界転生&歴史小説を書くための日本人の謎と世界とのつながり

 僕は日本というのは「世界の文明の行きつく先」として、世界文化のるつぼだと思っています。


 半村良氏などもそういうことを言っていますが、古代においては、今のアメリカのような国だったと思ってもいいくらいです。


 古くは縄文人、後に倭人、倭族と呼ばれる海人族が、中国江南やポリネシア辺りも含む広域(古事記のイザナギ神話などはこのあたりのもの。諸星大二郎のマンガ「マッドメン」が面白い)から日本列島に渡来し、1万3500年あまりの縄文時代を形成しています。



「縄文時代(じょうもんじだい)は、年代でいうと今から約1万6,500年前(紀元前145世紀)[* 1]から約3,000年前(紀元前10世紀)、地質年代では更新世末期から完新世にかけて日本列島で発展した時代であり、世界史では中石器時代ないし新石器時代に相当する時代である。旧石器時代と縄文時代の違いは、土器の出現や竪穴住居の普及、貝塚の形式などがあげられる。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%84%E6%96%87%E6%99%82%E4%BB%A3



 中国で殷(=甲骨文字、金文や易占など発明した呪術国家で「商」とも呼ばれる、子安貝を貨幣としていた倭人もいた。近江商人の起源?白川静X梅原猛の対談本「呪の思想~神と人の間~」がおすすめ)が周(西周→東周遷都、西方の騎馬遊牧民国家起源、殷周革命という国替えを仙人思想で描いた中国古代の伝奇SF小説?「封神演義」の漫画(藤崎竜)、原書も面白い)に滅ぼされて日本に渡って来たり、秦(周と同じあたりの騎馬遊牧民国家起源、漫画「キングダム」が面白い)の時代には徐福が3000人の男女を連れて渡来してきて、日本各地に伝説を残しています。


「倭人(わじん)は、中国の人々の名付けた日本人(当時、日本列島に住んでいた民族または住民)の古い呼称。」本項では、中国や朝鮮における派生的な蔑称についても扱う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AD%E4%BA%BA



「殷(いん、紀元前17世紀頃 - 紀元前1046年)は、中国の王朝である。殷代(いんだい)とも。文献には夏を滅ぼして王朝を立てたとされ、考古学的に実在が確認されている中国最古の王朝である。最終的に紀元前11世紀に周に滅ぼされた。商(しょう)、商朝とも呼ばれる。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%B7


「周(しゅう、紀元前1046年頃 - 紀元前256年)は、中国古代の王朝。殷を倒して王朝を開いた。また、時代の名前にも使い、「周代(西周、英語:Western Zhou)」と言えば、紀元前1046年頃から、遷都して東周となる紀元前771年の間のことを指す。国姓は姫(き)。周代において中国高文明が成立したとみられる[2]。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8


「秦(しん、紀元前778年 - 紀元前206年)は、中国の王朝。周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在し、紀元前221年に中国を統一したが、紀元前206年に滅亡した。統一から滅亡までの期間(紀元前221年 - 紀元前206年)を秦代と呼ぶ。国姓は嬴(えい)。統一時の首都は咸陽。なお、中国では、4世紀頃まで朝鮮半島南部にあった三韓の一つの辰韓も、秦と表記することがある。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6



 百済が滅びて、百済人も大量に日本に入ってきてますし、百済人の建築技術で西日本に古代山城を建設して新羅などの襲来に備えた歴史もあります。岡山県の古代山城「鬼ノ城」もこの頃に建設(再建?)されてます。



 アインシュタイン、ドラッカーなどのアシュケナージユダヤ人が日本に来て、何となく親近感を抱くのもアシュケナージユダヤ文化(=中央アジアの騎馬遊牧民文化、天皇家の祭祀の中や秦氏とか、蘇我氏かな?)もしっかり入ってるし、とはいっても、天皇家=ユダヤ人という単純なものではなく、そういう文化を持った渡来人が部の民として天皇家を支えていたという話になります。


 アスカとアシュケナージが実は語源が同じらしく、栗本慎一郎氏の「シリウスの都、飛鳥」では、「ア」=「聖なる」、「スカ」=「ソガ」という意味らしい。


 蘇我氏はペルセポリス(ペルシャ文化)同様の北から20度西に振れた「聖方位」(文化のDNA)のシリウス信仰を持っていて、蘇我氏の本拠の鹿島神宮などをその聖方位で建設されています。


鹿島神宮

http://www.kashimajingu.jp/wp/


エジプト、シュメールや古代の建築物はこの聖方位とか多いらしい。


------------------------------------------------------------------------

世界中のピラミット遺跡の信仰の対象は、太陽であったと言われていた。エジプトでは太陽神「ラー」が信仰されていたとされるが、実は太陽神は、わかりやすく大衆のために、後に造られたものであって、それ以前は全て「シリウス信仰」であったという説がある。

紀元前3000年~2000年にかけてメソポタミヤやエジプトにおいては、シリウス信仰から太陽信仰への大掛かりなシフトが行われた形跡があるらしいのです。なぜ、その信仰の対象を転換しなければならないような理由があったのでしょうか?それが大いなる謎です。

エジプト語でいわれる「イシス神」のイシスはシリウスをさすのだという。そしてイシスはシュメール語ではイナンナ、メソポタミアではイシュタ、アッカド語ではイシュタルと呼ばれ、性愛、戦い、豊穣の女神とされている「イシュタル」をさす言葉でもあるそうだ。この性愛、豊穣の女神と呼ばれる神には人類にとっての大いなる謎が隠されているような気がしてなりません。


聖方位(真北から西に20度の傾き) 投稿者:荊の紀氏 投稿日:2018年11月 1日(木)10時09分0秒

日本史講座 第4回(後半)古代日本の聖方位 ~ 竹下雅敏 講演映像https://www.youtube.com/watch?v=FML6cTVkxzc


https://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4829

------------------------------------------------------------------------



 聖徳太子の斑鳩宮いかるがのみや(山岸凉子のマンガ「日の出処の天子」が面白い)への筋違い道、法隆寺、古墳などもこの「聖方位」で作られているものが多いです。厳島神社もどうも聖方位っぽいのですが、グーグルマップで調べてみるのもいかも。


 

 ただ、日本は古来から太陽信仰もあって、頂上に鏡石が置かれた古代のピラミッドのレイラインシステム(太陽の道、天然の山を利用し若干削ったりした場合もあった)もあったりするので、冬至とか夏至のラインが、たまたまその「聖方位」に重なる可能性もあるかな?とも思います。


レイライン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3


 大和三山の天香久山あまのかぐやま畝傍山うねびやま耳成山みみなしやまなども二等辺三角形を描くし、太陽の昇る冬至、夏至のレイラインは、太陽という生命力の源の信仰として非常に大事なものだったようです。


 特に稲作をするようになってからは、冬至や夏至の太陽の位置は重要になってくて、それを元に暦を作っていたんではと思います。1年のスケジュール組んだのですね。


 イギリスや縄文時代のスト―ンヘンジなどは祭祀施設であるとともに、天体観測、日時計として利用され、目印代わりに巨石を置いてみたり、宗教施設を建ててみれば、それが一直線に並ぶというのは自然ななりゆきです。


 古代祭祀研究家の薬師寺慎一氏(京大卒業後に教員になり、岡山の吉備津在住の方で残念ながら、昨年、死去)によれば、古代信仰の最初の形は「イワクラ、山、巨石、泉、滝」などを信仰したもので、そこに神社ができ、寺ができたりしたものらしい。


 大和の三輪山はご神体だし、岡山県の吉備津神社の本殿の背後には扉があって、吉備の中山(聖山)を拝めるようになっています。



 今から7千300年前に桜島沖の喜界カルデラの海底火山の大噴火があり、縄文人の東日本への大移動がありました。


 西日本は過疎って、そこに稲作を持った弥生人(子安貝を貨幣としていた海人族の倭人=隼人?)が長江流域の中国江南や朝鮮半島経由で移住してきました。


 今の新潟、越の国(扶桑国)には、旧満州や南シベリアの騎馬民族(古墳から黄金とか馬具がでてくる)が直接、渡来してきた形跡あります。


「今から7千300年前(6千300年前の説も)、縄文時代の熟成期に九州の南方東シナ海の中、現在の薩摩硫黄島のあたりで、鬼界カルデラと呼ばれる海底火山が大爆発を起こした。火山で引き起こされた地震の規模は現在のマグニチュードMの規模で8.1以上。三回に及んだ大爆発は、南九州一帯に大被害をもたらした。特に火砕流のすごさは津波を上回ったと言われている。爆発の痕跡は遠く関東エリアまで及んでいる。古代住民は命からがら南九州から脱出した。その旅路が新しい歴史を生むきっかけともなったのである。」(海底火山、鬼界カルデラの大噴火。)

http://blog.goo.ne.jp/yashiki2008/e/e713aeaf0cf8c6c65bbf870f54850ea1



感違いの中国人像

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-642.html


 

 中国人といえば、漢民族と思っている方が多いと思いますが、漢民族の文化は今の中国になく、日本に多く残っています。古事記、日本書紀、万葉集、孔子の論語、陽明学、道教、仏教、四書五経、漢文の詩や書籍の多くが日本人によって研究され日本人の血肉となっています。


 しかも、漢民族の支配していた時代は少なく、騎馬遊牧民国家が圧倒的に多く、彼らの文化と漢民族の文化がブレンドされたものが今の中国といえます。


 中国も日本も地方方言は方言というより、民族、文化が元々違うので本来、異民族同士がケンカしないように「和をもって尊しとなせ」と聖徳太子が言ったわけで、多民族国家の運営においては日本はアメリカに千年ぐらいは先行しています。


 だいたい、戦争で負けて滅んだ王家の人たちが渡来したことも多かったので、もう、皆殺しとかやめよう、共存しようという思いがあったのかもしれません。


 それにしては、古事記など読んでると暗殺とか結構多いし、権力の世界はいつの世も大変なのかもしれませんね。


 みんな薄々は気づいていますが、日本が多民族国家であるということを気づかないような教育が千年ぐらいあったのでしょうね。


 騎馬遊牧民国家は「国の領土より、人の組織」を基本としていて、武田騎馬隊で有名な信玄が「人は石垣、人は城」というのが同じ思想ですね。


 中国の漢民族は万里の長城を築いて騎馬軍の突進を止め、信長は鉄砲と柵?で武田の騎馬隊を止めた訳ですが、大陸で起こってることがかなり早く日本でも起こるという点も重要かもしれません。




 日本と世界のつながりを考えながら作られた作品は多く、義経がモンゴルに行ったという説や漫画もあったし、信長が転生して世界制覇に乗り出す「夢幻の如く」も面白かったですね。


 日本の学会では「騎馬民族征服説」は否定されてますが、僕も征服は未然で防がれたとは思いますが、違う角度から再評価されてもいいと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A8%8E%E9%A6%AC%E6%B0%91%E6%97%8F%E5%BE%81%E6%9C%8D%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E8%AA%AC



 民俗学者の柳田國男「遠野物語」(アマゾンのキンドルで無料ダウンロード可能)の山人論も学会で否定されましたが、縄文人=山人(狩猟採集の非農耕民)と仮定すれば、十分成り立つ話です。ATLウィルスとか、遺伝子的研究からもこの問題は新たな展開を見せています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E7%94%B0%E5%9C%8B%E7%94%B7



 次回は最後のまとめのようなもので、長くなったのでこの辺りで終わります。









(あとがき)



子宮頚がんワクチン接種はほんとうに安全なのか/新ベンチャー革命

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/12293708.html(ブログ移転でリンク切れ)

 

日本の医療の原点 731部隊の関係者のその後の職業・役職 及び厚労省との関係 フクシマと731部隊

https://blog.goo.ne.jp/luca401/e/90e97c98c41ef8b57b4a0158066a0caa


XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島 Unit 731, Hiroshima/Nagasaki, Chernobyl, Fukushima

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html



 日本人の謎かあ。

 ブログ「新ベンチャー革命」を読み返していたんですが、「子宮頚がんワクチン接種は事実上の人体実験」とあっさり書かれていて、日本の医学会は731部隊の伝統を引き継いでるんだなと思いました。

 

 731部隊の人々は東大京大名大などの主要大学、北里研究所、国立予防衛生研究所、武田薬品、ミドリ十字(血駅製剤の会社でエイズ薬害、C型肝炎薬害などを引き起こす)などに戦後天下りしたのですが、事件データを米国に引き渡したので弱みを握られてるし、米国のいいなりになってしまったと思われます。


----------------------------------------------

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。原爆投下後に行われた日米合同調査団への参加には、元731部隊で病理解剖が専門の石川太刀雄丸が、米軍による限界な統治下の中、1945年12月に原爆被害を詳述しています。

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

----------------------------------------------


 731部隊の研究を直接、引き継いだのはミドリ十字(血駅製剤の会社でエイズ薬害、C型肝炎薬害などを引き起こす)なんだけど、そうなると、薬害というのは人体実験かもね。

 

 そして、福島も731部隊が天下った長崎大学の放射線の研究者山下俊一が関わってますね。彼はチェルノブイリの内部被曝の実態を知っていながら福島の内部被曝には目を瞑ってますね。



--------------------------------------------------

広瀬 ダイヤモンド書籍オンラインを読む人に紹介しておきますと、山下俊一は、長崎大学の原爆後障害医療研究所教授や、緊急被ばく医療研究センター長、日本甲状腺学会理事長を歴任した人物です。

 つまり長崎では、被曝問題の権威なのです。フクシマ原発事故後、すぐに福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーに就任し、


「安定ヨウ素剤を今すぐ服用する必要はありません」

「甲状腺が影響を受けることはまったくありません」

「放射線の影響は、実はニコニコ笑っている人にはきません。クヨクヨしている人にきます。笑いが皆様方の放射線恐怖症を取り除きます」


 と、被曝を放置する、無責任きわまりない発言を繰り返した重大な犯罪者です。


放射線と病気の関係報告書に、お墨つきを与えた山下俊一の正体――白石草×広瀬隆対談【中篇】http://diamond.jp/articles/-/81811

--------------------------------------------------


山下俊一 チェルノブイリの原発事故後の甲状腺がんの遺伝子変異の特徴が明らかにされつつあります。小児甲状腺がんのほとんどは、染色体が二重鎖切断された後、異常な修復で起る再配列がん遺伝子が原因だということがわかりました。(2009年3月)


★山下俊一★"笑っている動物"と"クヨクヨした動物"を使った動物実験

https://matome.naver.jp/odai/2135800149670710101

--------------------------------------------------



 ということで、この人は意外と正直と言いますか、学者として優秀というか、この人のお陰で福島原発事故で内部被曝や遺伝子変異を起こしてることが証明されたので、まあ、凄くいい研究者かもしれません。

 これ、皮肉でなくて本音です。

 わざとやってる正義の人かもね。

 彼の行動には人間として仕方ない部分があり、人がいいのかもね。

 米国の奴隷、日本政府からも何か言われてるんだろうから、この人個人を責めるのはあんまりかもね。




2018/4/25 6:32

https://www.alphapolis.co.jp/novel/771049446/375169170/episode/1023027


2014/02/23 12:13

https://ncode.syosetu.com/n4163bx/55/

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます