第8話ホユタ平原へ

魔導剣士フユトはシラム国の右下の城下町の右上の訓練場の左隣のシルム城の左上のホユタ平原に向かっていきホユタ平原の中を歩いて行くとクサード、アラクモと言う魔物が現れた

魔導剣士フユトは剣を鞘から抜き剣を構えるといきなりクサードに攻撃された


クサードは食虫植物の魔物でフユトに噛みついて来ようとしてきたがフユトぁ攻撃を素早く交わして魔力を剣に流して炎巻剣と唱えて剣から強力な炎を出してその剣から炎の竜巻を出してクサードに攻撃していき倒した


アラクモは蜘蛛の魔物でフユトに向けて蜘蛛の糸を口から出してフユトに攻撃してきたがフユト攻撃を素早く交わして魔力を剣に流して雷風剣と唱えて雷の混じった風を剣から出してアラクモに攻撃して倒した


魔導剣士フユトは剣を鞘になおしてカバンの中からポージョンを出して飲み一休みした


一休みを終えて魔導剣士フユトはホユタ平原の北に向かって歩いてゆきホユタ平原の出口からキスラ国に入って行った

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます