魔導剣士フユトは異世界の大冒険の旅に出る

@hinokamikiki

第1話リユルムの世界

・・・・・・・・・・・此処はリユルムの世界・・・・・・・・・・・・

この世界は4つの大陸に分かれている世界だ

この世界の湿原や草原等には魔物が棲んでいる

そし てこれはリユルムの世界に居る少女ラステがリユルムの世界のもう一つの世界リアルスの世界に住む魔導剣士フユトの家の姿鏡にリユルムの世界の東の大陸の村リアス村の自分の家から交信して魔導剣士フユトにリユルムの世界に姿鏡を通して来るようにいい魔導剣士フユトを呼びリアルスの世界にある魔導剣士フユトの家にある姿鏡からりユルムの世界に来れると伝えて魔導剣士フユトは姿鏡からリアルスの世界からリユルムの世界に向かっていく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

此処はリアルスの世界


この世界は精霊や妖精達が棲んでいる世界だ


この世界では妖精達や精霊が人間たちと一緒に暮らしている


そしてこの世界に一人の魔導剣士が住んでいた


その一人の魔導剣士の名をフユト


フユトは薬草を使って薬を作ってこの世界の人々に薬草で薬を作って渡している魔導剣士だ


そしてある日の事だった


魔導剣士フユトは家で休んでいた時の事だった


魔導剣士フユトの部屋にある姿鏡に一人の少女が映った


少女>>>>お願い、私が住んでいるりユルムの世界に居る魔物を倒して、魔物が居てこの世界のどこにも行けないの

フユト>>>>君の名は?

少女>>>>私の名はラステ

ラステ>>>>貴方は?

フユト>>>>俺の名はフユト

ラステ>>>>私の居る世界に来て 、私の居る世界には姿鏡を通して来れるわ。手を入れて見てこの世界に来れるから、準備ができたら

フユト>>>>分かった、今から準備をする


魔導剣士フユトは錬金術を使ってポージョンを作ってカバンに入れて剣を持つと家の玄関に留守にしていると貼紙を書いて貼紙を家のドアには自分の部屋に戻り姿鏡に手を入れた


すると鏡の中を通ってリユルムの世界に向かっていた


そして姿鏡の中を通りリユルムの世界の東の大陸のリアス村のラステの家の姿鏡に繋がってに出た


ラステ>>>>来てくれたんですね

フユト>>>>此処がリユルムの世界か?

ラステ>>>>ハイ、此処がリユルムの世界の東の大陸の中のリアス村です

フユト>>>>俺に何処にも行けないと言っていたが魔物は何処に棲んでいるんだ?

ラステ>>>>魔物は草原や湿原等に棲んでいます

フユト>>>>この世界の地図はあるか?

ラステ>>>>あります

ラステ>>>>これが地図です

ラステは魔導剣士フユトに地図を渡した


ラステ>>>>この世界は4つの大陸で出来ています

フユト>>>>そうなのか?

ラステ>>>>ハイ

ラステ>>>>この東の大陸の村のリアス村の西のクルモ草原を北に向かっていけばりルモ国にいけます、この世界の魔物を全て倒して下さい

フユト>>>>分かった、今から行ってくる。君は行かないのか?

ラステ>>>>私は行きません、足手まといになりますから

フユト>>>>分かった、俺一人で行ってくる


魔導剣士フユトはリアス村の西のクルム草原に向かって歩いていく



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます