好きになった人は、死人でした ~幽霊物件対策班の怪奇事件ファイル~

飛野猶

第1章 同僚かと思ったら幽霊でした。

第1話 俺は、死にました。

 ある土曜日のお昼過ぎ。


 彼は自分がもっている一番いいスーツに身を包み、自宅マンションを出た。歩きながら胸ポケットのふくらみを何度も確認する。そこには、先週渋谷のジュエリーショップで購入した指輪が入っていた。


 いわゆる、婚約指輪というやつだ。

 マンションの階段を軽快に駆け降りると、いつもより早足で駅へと急いだ。


 待ち合わせをしている彼女とは、もう付き合って三年になる。


 彼女とは、大学のサークルで出会った。そのときはただの友達関係として終わってしまったが、三年前に同窓会で再会してから、どちらからともなく連絡先を交換して交際がスタートした。


 出版社に勤める彼女は休みも不定期で、銀行で不動産融資担当として勤めている自分とはなかなか休みも合わない。

 それでも極力二人で時間を合わせて、会える時はなるべく一緒に過ごすようにしていた。


 普段は家デートがほとんどだったけど、今日は久しぶりに外の待ち合わせ。

 おいしいレストランを教えてもらったから、一緒に行こうとそう言って誘った。


 その席で、プロポーズするつもりでいた。指輪も用意したし、レストランの予約も取ったし。ついでに近くのホテルの予約もしておいた。夜景のきれいな上階の部屋を取ったんだ。彼女は、二人とも自宅が都内にあるのにもったいない、なんて言って笑うだろうか。

 それでも、たまにはそんな贅沢もいいよね。


 一生の記念になる一日になるかもしれないし。いや、記念になるような一日にしなきゃならないんだ。


 赤信号で、彼は立ち止まる。ズボンのポケットに突っ込んであったスマホで時間を確認した。


 やばい。予定より五分遅れている。本当は次の電車に乗りたかったのに、これでは彼女との待ち合わせ時間に間に合わないかもしれない。もう少し余裕をもって家を出るつもりだったが、ついいつになく気合をいれた身支度に時間を取られて遅れてしまった。


 彼は胸ポケットを触る。そこに小さく四角い箱が感じられた。そのことに、ほっと安堵しつつ、歩行者用の信号が青に変わったところで横断歩道を渡りだした。駆け足気味にゼブラ柄の上を歩いていく。


 急いでいたこともあった。

 プロポーズのことに気を取られて、周りが見えなくなっていたのもあっただろう。


「あっ、危ない!」


 後方で誰かの鋭い叫び声が聞こえた。


「え……?」


 足を止めて振り向こうとした彼が目にしたものは、目の前に高速で迫ってくる一台の白いセダン。


 一瞬、鬼のような形相の運転手と目が合った気がした。


 やばいっ、そう思ったときにはもう、身体が宙を舞っていた。

 何が起こったのかわからないまま目の前の景色が高速で移り変わった次の瞬間、身体中に激しい衝撃が走る。


 道路に叩きつけられたのだと気がついた。

 ありえない方向に自分の体が曲がっているのがわかる。息が上手くできない。


 でも、目の前の道路に指輪がむき出しのまま転がっていた。胸ポケットに入っていたものが衝撃で転がり落ちたのだろう。


 なんとかそれに手を伸ばそうとするが、ちっとも身体が動いてくれない。

 手が、届かない。


 それが生前に彼が見た、最後の景色となった。




 高村たかむら元気げんき。享年三十歳。

 よく晴れた、うららかな春の日のことだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る