第15話 ゆめかわいい

遠い町に住んでいるあなたと文通をしてみたかった70年代


大人買いするつもりだった 出遅れた ファンシーショップは街から消えた


眠いにゃんとっても眠い おやすみと言ってくれる人募集中です


リボンもレースもフリルもないけれどゆめかわいいよあなたの寝顔


いわゆる女子力はないけどそこそこにおとめちっくに生きていきたい

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます