第11話 鬱を詠む。

鬱を詠む。「黒い卵の白身が涙…」…だめだやっぱり日本語おかしい


鬱の日は足元を見る これ以上転んだりとかしてたまるかよ


ひとり飲み 愚痴繰り返す二人連れサラリーマンの声が愛しい


帰りたくない居酒屋を後にして帰りたくない二軒目にいる


鬱という病気はお風呂に入れなくなる病気だと堂々と言う

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます