犬都々逸(いぬどどいつ)

おぼろつきよ

8月10日は 野獣の日だ ワンコの気持ちを 詠んでみる (夏) 

けものの匂いの 

あなたを抱けば 

心とろかす 

熱い舌



君にかれて 

リードで引かれ 

げた足裏 

夏の午後



かまっておくれと 

スリッパ噛んだ 

君に怒られ 

しっぽふる



アフロヘアーの 

あなたはごろり 

ゆかにねそべり 

寝ごと言う



君とごはんが

食べたいけれど

いつも同じさ

ドック飯



粗相をしちゃった

ベッドの上で

優しい貴方あなた

鬼になる



吠えたくなるなる

うるさい声だ

つくつく法師は

どこにいる



犬友出会えば 

話がはずむ 

散歩はすすまず 

あくびする



闇にわんわん

吠えるの何で

うるさいあなたは

きらいだわ


君には見えない

幽霊来たよ

だからわんわん

吠えたのさ



怖いねかみなり

守るよ君を

空に向かって

吠えてやる



少し怖いな

誰だよおまえ

ガラスの目玉の

テディベア



気持ちがいいわん

八月の空

見上げる先には

鉄の鳥



鼻の両横

毛が茶色い

まさかチョコは

食べてない



雨の日きらいだ

自慢のアフロ

ペタリとつぶれて

カッパだよ




「9月2日は靴の日だけどワンコはいつでも素足はだしです」



黒犬一匹

月夜に遊ぶ

うるりと光るは

目玉だね



雷落ちたよ

食欲無いよ

胸がバクバク

破裂する



机に顎のせ

じいっと見てる

何かたくらむ

可愛い子



黒飴みたいな

瞳が語る

美味しそうだわ

舐めたいわ



中秋の

名月の夜

君とお風呂へ

入ったよ


月見だんごを

食べたいけれど

空を見上げて

君ビール



























  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る