第10話 詩

わたしは記憶するだろう

あなたの素敵な言葉 

あなたの純粋なこころ

そしてあなたの煌めく命を


わたしは胸に抱くだろう

あなたの素敵な言葉のもたらす優しさを

あなたの純粋な心から溢れる様々な気持ちを

そしてあなたの煌めく命から放たれる強い光を


わたしは思い出すだろう

日々の中に あなたの詩の面影を

出会う風景に あなたの詩の片鱗を

感じる気持ちに あなたが詩に託したこころを



詩は時を超えて こころに届くものだから


だから わたしたちは 詩を愛するのだろう




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます