第3話 新たに執筆者が加わりました

 これを書いている間にwazzwallasisさんからご参加表明いただきました。

ありがとうございます。


 シリアスSFからギャグコメディまで対応作風の広さは折り紙付き。彼ならどんなに前の執筆者が破綻しても絶妙のレシーブをしてくれるでしょう。


 これは楽しみになってきました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます