みかん狩り 22

制服と制帽その他身の回りの官品が支給された。


朝6時起床、ラッパの音と共にグランドへ集合する。


それから朝食が始まる。


食堂にはあっという間に長蛇の列が出来る。


外出は1ヶ月間許されなかった。


何もかも忘れて訓練に励んだ。


弾帯を腰に巻き、手榴弾をサスペンダーに付け、銃剣をぶら下げ、弾倉も身につけた。


とにかく走る。走る。走る。


捧げ銃のまま走る。


体力がみるみる向上していくのが自分でもわかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る