第74話【沙耶視点(後編)】

沙耶視点


「快人くんが私の言いたいことをわかってくれたみたいだからよかったよ。

その後は、ショッピングモールに行ってト〇レの花〇さんの映画を見たよ」


「何でデートでホラー映画なのよ!」


さっきまで普通に聞いてくれていたお母さんが大声を上げた。


「あんた舐めてるの?!

デートって言ったら恋愛映画でしょ!?

もうちょっと女の子らしく振る舞いなさいよ!」


「それ快人くんにも言われたけど、今やってる恋愛映画って前に中村くんとかと見に行ったらしいんだよね。

それに花〇さん前から見たかったんだよね。

変に性格を作るよりありのままの私を見て欲しいの!」


「それにしてもホラー映画はないでしょ。

そもそもあなたホラーって苦手じゃなかったっけ?」


「あれだよ、苦手だけど見たいみたいな?

それにホラー映画見てるカップル結構いたよ。

「きゃー怖い〜」「大丈夫俺が守ってやるから」みたいな気持ち悪い会話をしながらイチャイチャしてた」


「あー、怖いからって理由でイチャイチャ出来るのか。

ならありなのか?」


「そうそう、ありなんだよ!」


「じゃあ、あんたは抱きついたりしたの?」


「ずっと腕を掴んでたね」


「掴んでたって、あんた何してんのよ」


「だって怖かったんだもん!」


「もういいわよ。

でその後は何したの?」


お母さんが呆れ気味に次のことを聞く。


「次は喫茶店で休憩してその後でウインドウショッピングしたよ」


「まあ、定番よね」


「あと、快人くんと同じ大学行けるように勉強を頑張ることにしたよ」


「快人くんって頭いいの?」


「うん、頭いいよ。

テスト一週間前から奈緒ちゃん達とする勉強会にも参加することになった」


「頭がいいことに越したことは無いんだから頑張りなさい」


「それでね、快人くんがシュシュをプレゼントしてくれたの!」


「あんたが買わしたんじゃないの?」


「違うよ!

私がお手洗い行ってる時に買ってきてくれたの」


「そう。

ちゃんと大事にしなさいよ」


「うん!

あとは特にないかなぁー。

夕食を食べて家まで送ってもらったぐらい」


「沙耶、さっさと捕まえてしまいなさいよ。

ちんたらしてたら誰かに取られちゃうわよ」


「わかってるよ。

わかってるけど、どうしたらいいの?

私結構押してると思うんだけどなぁ」


「せいぜい悩みなさい若者よ」


「ババくさいよお母さん」


「うるさいわね。

恋に正解なんて無いんだから、今自分が出来る最高のことをしなさい。

後悔しないように」


「うん、わかった」


「じゃあ、お母さんそろそろ寝るわね」


「おやすみ」


「あ、最後に質問」


お母さんは扉の前まで行き私の方を見て言う。


「今日は楽しかった?」


「うん!

最高に楽しかったよ!」


私は最高の笑顔で言う。


「そう、良かっわね」


そう言ってお母さんは部屋から出ていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます