第25話 勉強会からのお泊り会 part 2

ザァァァァァァァァァァァ!!!!


 外ではけたたましい音を立てて、雨が降っていた……

 窓の外を見ている司の後ろでは、遥香と立花が気を紛らわせるためか互いに勉強を見あっていた。


『あれ……前もこんなことがあったような……』


 司は立花の家で教えたときも同じような転天候になり、自宅に帰ることができなくなった司は、一晩。立花と一緒に過ごすことになっていた……


『今日もなんて……まさかな……』


 司のそんな心配は、妙にかなってしまうもので、雨は一向に止む気配がないどころか激しくなる一方だった。


「やみそうにないわね……」

「そうだね。どうしよう……」

「えっ? 泊まっていったらいいじゃん」

「えっ!」

「えっ?」


 司が驚くのは、納得していた遥香だったが、なぜか立花も驚いていた。


「なんで、立花も驚くのよ。」

「いや、だって……」


 立花の頭の中では、以前にあった司と泊まったことを思い出して、モヤモヤと考えてしまう……


「あっ。そういえば、立花。前にそんなこともあったね」

「そうよ、それがあるから……」

「なに、思い出しちゃった?」

「それは……」


 思い出していないといえば、嘘になる。

 あの時、母の差し金で妙なスイッチの入った立花は、入浴中の司のところへと乗り込んだり、同じ部屋で寝たりといろいろなことがあった……


『き、期待してる……とかそういうわけじゃ……』


 そう考えつつ、努めて平静をよそおうとしていた立花だったが、遥香にはお見通しだった……


『立花。前は、いろいろあったみたいだから。今回はより進展してもらわないと……』


 そんな考えと思惑が、二人の間で交錯していた。


「ふふっ」

「ふふふふふっ」


 不敵な笑いを繰り広げる二人に、不思議な感じを抱いた司だった……


「ちょっと、休憩しようか。ちょうど、雨で帰れないことが分かったんだし……」

「そ、それもそうね。」

「司くんは、ここで待っててね。」


 遥香はそう言い残すと、リビングに飲み物を取りに部屋を出ていった。部屋には立花と司が残される形で、立花の部屋で勉強会をしたときと同じ状況になっていた……

 立花の隣に座る形になった、司。二人の間には、微妙な空気が流れる。外では、相変わらずの豪雨が続いていた……

 二人の間に広がる沈黙に、いたたまれなくなった二人は、どちらともなく会話を切り出そうとする……


「あの……」

「あの。立花さ……」


 二人とも同じタイミングで会話を始めようとした瞬間……


ピカッ!


ゴロゴロゴロ!


「きゃぁぁぁぁぁ!」


 よりにもよって、立花の向いている司の後ろに窓があることで、カミナリがダイレクトに立花を刺激してしまった……

 そして、条件反射的に司に隠れようと、前のめりになる立花。当然、司はそれを受け止める。


「大丈夫? 立花さん。あ、そういえば、立花さんは……」

「えぇ。そうよ、カミナリ怖いの……」

「そうだったね……」


 司の腕の中で震えている立花は、守ってあげたくなるほどに小さく、恐怖でおびえていた……

 その姿を扉を少しだけ開けた遥香が見守っていた……


「遥香さん! これは、深いわけが……」

「いや、いいのよ。どうせ、立花の方から飛び込んできたんでしょ?」

「は、はい。でも、よくわかりましたね?」

「よくわかったも何にも……立花がカミナリ苦手なのを知ってるし……」


 立花と遥香は幼馴染ということもあり、いろいろと知っていることが多かった。好きなものから、嫌いなもの。ほくろの位置や数まで知っていた……

 司が目撃された遥香に言い訳をしている間も、立花は司にしがみついたままで、離れようとはしなかった……


「ちょっ、立花さん?」

「も、もうちょっと……」

「も、もうちょっと?!」


 そんな立花のめったに見ない姿に、遥香は驚く表情をした後でにゃっとした顔に変わっていった……


「なに、立花。そんなに司くんとくっつきたかったの?」

「!!!!」


 カミナリが鳴り驚いた瞬間に抱き着いた立花。耳も同時にふさいでいたこともあり、遥香がそこにいるとは思っていなかった……


「遥香!? 何でいるのよ!」

「なんでって、戻ってきたら、抱き着いてるんだもの……」

「いつから?」

「ん?」

「いつから? って聞いてるの!」

「『いつから?』もなにも、カミナリが鳴った直後にはいたわよ」

「…………」


 慌てて司から離れた立花は、事情を説明しようとあたふたし始める……


「こ、これはね……」

「落ち着いて、何年付き合ってると思ってるの? カミナリが嫌いなことくらい知ってるわよ。」

「それは、そうよね……」

「それに……」

「それに?」


 それまでのあきれ顔の遥香から、一気にニヤッとした表情に変わり……


「カミナリに怖がるのに乗じて、司くんに抱き着こうとしてたことくらい……」

「!!!!」

「!!!!」


 にやにやと楽しそうに語る遥香は、勉強の苦行からの解放感と、立花の楽しい状況を拝めたことで、よりイキイキしていた……


「はるかぁ!!!!」


 二人のやり取りは、すでにおなじみになっていた。司も二人のやり取りを見ていて、自然と笑顔が漏れてしまう……


「ほら、司くんもにやにやしちゃってるし……」

「えっ? あっ! 司くんまで……もう……」

「いや、こ、これは……」

「いいの。慌ててる立花は、かわいいでしょ?」


 横に来て耳元でささやく遥香の言葉は、的を射ていた……


『た、確かにそうだけど……』


 遥香に指摘され、ぐうの音も出なく膨れる姿は、確かにかわいい姿に他ならなかった……

 それから、三人で食事をとった後。お風呂に入ることになった司だったが……


『今日は、来ないよなぁ……』


 以前に、立花の家に泊まった時は、立花が水着を着て乱入してきていた。そのことを思い起こす似たような状況。しかも、今回は遥香の家ということもあり、遥香までが乱入してきそうな感覚になる……

 しかし……


『考えすぎだよな……自意識過剰かな……』


 当然、入ってくるはずもなく、着替えて部屋に戻ると二人ともパジャマに着替えを済ませていた。

 以前の泊まりの時とはまた違った、二人ともかわいいデザインのパジャマになっていた。


「そのパジャマは……」

「あぁ。これ? 遥香のうちに泊まるときもあるから、お泊り用ね」

「へぇ。」


 二人が並ぶと、遥香が姉で立花が妹のような印象すら受ける。すると、遥香はパジャマの上が何やらきつそうだった……


「どうしたんですか? 遥香さん……」

「いや。育ったのかな? ねぇ。司くん。どう思う?」


 グイグイと近寄ってくる遥香は、見ようによっては、見えてしまいそうになる。それを、立花が黙ってみているはずもなく……


「ちょっと! 何してんのよ! 遥香……」

「いや、司くんに診てもらおうと……」

「何をしてんの……てか、それ。私の置きパジャマじゃん!」

「あぁ、それで……」

「どうりで、こっちのパジャマが、ぶかぶかだと思ったわ……」


 確かに立花の着ているパジャマは、ゆとりが多めだった。普通の身体に合わせたパジャマであれば、そこまでのゆとりは生まれないが、今着ていたパジャマは首元から鎖骨が見えていた……


『鎖骨が……ってことは……』

「ん? 司くん?」


 ぶかぶかに近いパジャマを着ようものなら、やはりいろいろと見えてしまう……

 司と視線が合った立花は、司がどこを見ているかわからなかったため、その視線の先をなぞると……


「!!!!」

「つ、司くん!」

「あ、ご、ごめん。今のは、事故……」


バチーン!


 肩口がはだけたパジャマになってしまった立花の胸元は、見事にはだけて肩紐とブラが少しだけ見えてしまった……

 当然、事故とはいえ、見えてしまったことで司の頬には見事な手形が付いたのだった……


「あれは……不可抗力…」

「だから、ごめんって……」


 あの後、不可抗力で見えてしまったことを理解した立花は、平謝りしていた。

 扉越しに話す立花と司は、部屋の中で立花と遥香が着替えているということもあり、司は廊下で待っていることになった……


「まさか、あんなにはだけるとは、思ってなくて……」

「ちょっと、それ。あたしが太ってるとでも言いたいの?!」

「えぇっ。その主張の激しい二つのふくらみが、邪魔なのよ。もう。」

「えぇっ、立花だってあるじゃん……」


 廊下に立たされる形の状態で、部屋の中では下着姿の二人が胸の大きさ比べを繰り広げていた……


『これ……生殺し……』


 扉の向こう側では、下着姿の二人がどっちが大きいだの、感度がどうだのと会話が廊下にまで聞こえてきていた。

 下着姿の二人がいるというだけでも、いろいろと煩悩を刺激してくるのに、胸のサイズを争いだすという、司にとっては苦行でしかなかった……


『いつまで……』


 そんなことを思っていると……


「司くん。入ってきていいよ~」


 遥香の呼ぶ声が聞こえた司は、やっとの思いで苦行から解放され、立花たちのいる部屋を隔てる扉を開ける……


「ちょっ! 司くんまっ……」

「えっ?」


 司は、扉を途中まで開けたタイミングで、静止に来た立花と鉢合わせした。二人の着替えが終わったものだと思っていた司の目の前には、下着姿の立花と、にやにやしながら笑いをこらえている遥香の姿があった……


「え、えっと……」


 こういう時の、視野というのはスローモーションに見えるもの。たとえ、一瞬しか見ていなくても、視野は条件反射的に見てうれしいところにズームインするもの……

 しばらくの沈黙の後……


「ごめんなさいぃぃぃぃぃぃ!!!!」


ばたん!


 勢いよく閉めた扉の向こうで、司が謝る声が室内にも響いていた……


「きゃぁぁぁぁぁ!!!!」


 それと同時に、立花の悲鳴もとどろいたのだった……


バチーン!


 改めて着替えが終わった司が部屋の中に入ると、遥香の頬には見事なほどに立花の手形が付いていた。


「さ、寝よっか。」


 頬をジンジンさせながら言う遥香は、滑稽で吹き出しそうになった司だったが、寝るということだったので、ほかの部屋に自分が移動するものだと思っていた……


「じゃぁ、どこか別の部屋に……」

「何を言ってるの? 司くん……」

「えっ?」

「司くんも、この部屋よ。」

「いや、それ、まずいんじゃ?」

「立花まで何を言ってるのよ。立花も一緒に寝たんでしょ?」

「うぐっ!」


 確かに、司が立花の家に泊まった時は、立花の部屋に泊まる形になっていた。そして、翌日。寝ぼけた立花が司を抱き枕にしていたという事件があった。


「でも、あれは……」

「だったら、司くんも一緒でいいじゃん。それに……」


 遥香の言われるがままに横になった三人は、司を真ん中に両端を遥香と立花が挟む形になっていた……


「いや、どうして。こうなった?」

「あ、あと。あたしも抱き枕愛用してるから……」

「いや、遥香さん。それ。シャレにならない……」


 司の耳元でささやく遥香の声は、それだけで司はゾクッ!っとしてしまう。そして、なぜか立花も……


「ちゃ、ちゃんと、抱き枕になって。司くん……」

「い、いや。まって……て、もう寝てる?!」

「って、こっちも?!」


 司を挟む形で、寝息を立てる二人は、司の腕を抱きしめたまま眠ってしまい、身動きが取れない状態だった。


「いや、どうするんだ。これ……」


 二人の寝息は、司の耳を。二人の淡い匂いは、司の鼻を。二人のやわらかな感触は、司の両手越しに司の理性を刺激していた……

 司は、理性を保てるのだろうか……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます