エアシューター

作者 猫柳蝉丸

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 本編へのコメント

    「求む、最高の一万字!」から参りました。

    他の方が書いていますけど、ぶっ飛んでるという表現が、たしかに合ってる気がします(;^∀^)。「なるほど、そういう仕掛けかぁー。いや、そういう仕掛けだとしても、えー( 。゚Д゚。)」
    たしかに思春期男子らしいけど、けっこう心配だよ!みたいな衝撃を受けました。

    参加ありがとうございました!

    作者からの返信

    読了ありがとうございます。
    ちょうどいい文字数の作品を調べてみたところ、意外にこれしか無いので参加させて頂きました。企画に参加させて頂きありがとうございました。
    内気な思春期の気持ち悪さを軽く心掛けて書いてみたのですが、想像以上に気持ち悪く出来上がったようで本人もびっくりです。やはり作者そのものが気持ち悪いのでは…。
    それでは改めてありがとうございました。

    2019年9月2日 23:47

  • 本編へのコメント

    企画へ参加頂きありがとうございます。

    ある意味ぶっ飛んでます。
    このような変態要素の高い作品は支持を得るのが難しいですね。
    特に中盤までのモノローグのストーカー染みた心象描写は、大概の人が引いてしまう可能性もありそうです。
    終盤で気持ちが通じ合った感じはありますが、それでも関係性を考えると何とも言えません。
    私は自らが変態小説を書いている所為で、無理なく読む事ができましたが。

    ラブコメと言うジャンルに入れるには、文体が重過ぎる感じですし、では恋愛かと言えば、まあこれも恋愛のひとつの形ではあると思いますが、そのジャンルに置かれてしまうと、非難が発生しそうですし。

    となると、ラブコメが適正な場所ですが、何しろモノローグが重く暗いので、軽妙なタッチで描く事で、気持ち悪さをある程度排除できると思います。
    主人公が根暗な感じに見えるからかもしれません。
    あまり悩まない楽観的な存在なら、軽妙な感じも出ると思います。
    ネタ自体は同人誌にも見られるもので、一定層の人には支持されそうですが、一般受けは無理だと思います。

    なので惜しい作品だと思います。
    思春期の男子が持つ心境は良く描かれていると思うのですが。
    思春期の男子の頭の中なんて、幾ら気取ってもその程度ですからね。

    作者からの返信

    読了ありがとうございます。
    辛口という表現が気になった企画なので参加させて頂きました。
    個人的には少し気持ち悪いくらいで書こうと思っていたのですが、そんなに気持ち悪い出来になっているとは思いませんでした。ご指摘ありがとうございます。
    一般的には凄く気持ち悪いのか…。
    これもひとえに作者自身が気持ち悪いという事かもしれません。自覚して気持ち悪さをいい方向に伸ばさねばと考えます。
    そして、実は自作の中ではかなり明るい方の作品でもありました。かなり明るめに書いたつもりなのですが、やはり暗さが抜け切っていなかったと反省です。
    中学生男子の情けなさは出ていたようでそこは安心しました。
    この度は長文でご感想ありがとうございました。

    2019年7月31日 17:30