黄昏に疼く走馬灯

22歳のとき、あらゆる義務をはたしおわり、あらゆる劣等感に打ち勝って消えることのない自信を手にした。


あの時、的を貫いた。


今、再び、神の門の前に一人立つ。


トラウマが疼く。


俺をここまで強くしてくれた傷だ。


あれからもう8年以上たった。


どのようの幸福もねたまないくらい強くなった。


でも、美しいものの多くは儚げで弱いね。


多くの前世がフラッシュバックした。


ホームレスとして、愛犬とともに生きた人生。


あの日、イヌがしんだ日、心が裂かれる思いであった。


美女として多くの男をたぶらかして生きた人生。


フリーセックスという抑圧の日々。


権力者を手玉に取った僧侶としての人生。


田舎から大望を持って権力の座までのぼった。


私の心の痛みとして、今感じる。


あの日、君と身体が絡み合い、官能の中に、生きる自身と喜びを得た日々。


切ない愛欲と嗚咽とともに、儚く命を散らした貞女の人生。


そして、今、私は、やっと完全に私になれる。



復活だ!


私は弱い。


自分からこんなことを言うのはずるいね。


私は限界を、適性をしっている。


同時に私は、強い。


私の内なる女は強い。


それは内部に寄生しており、私という殻を食い破った。


それは、私の死を望む。


透き通った死臭が、門の前に立つ私を包んでいた。


 





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます