MARIA & JOKER

くわばらかずや

序・執筆終了

この小説を書き終わってから、序を書いている。

あとがきに近いかもしれない。


しかし、読むのに必要な文章を最初に持っていくことは、ナンセンスかと思っていたが、


敬愛する平野啓一郎氏も、『マチネの終わりに』で行なっている。


ゴッリゴリのEDMから、Official髭男dismの流れに乗り、


無駄なものをふざけ合いながら、小説を書き終えたカタルシスを味わっている。



全くの時間の無駄かもしれない。



しかし、無駄なものの中に、本当の意味があるかもしれない。


少しだけ、少しだけ、おもしろいとおもうので、



是非読んでください。


あえて、架空の人物や、フィクションです。とは、言わない。


この小説は、あなただけに書いてあるから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます