大黒柱のあらすじ

私はこの家の大黒柱だ。30年間様々な揺れ、風雨、地震からこの家を守ってきた。

しかし、それは起こった。震度7の巨大地震だ。

数多くの建物は崩壊し、家財道具は散乱した。

私は必死にこらえてなんとかこの家を守り抜いた。

しかし中に住んでいる家族全てを守ることは出来なかった。

「命が助かっただけでもこの家を立ててよかったよ」

家とは。

「おじいちゃんが死んだ家にまた住むのは嫌!」

そしてそこに住む人とは。

大黒柱が見守る、一度は離れた家族がまたつながっていく物語。


168文字


評価3点 一家離散そして再集合を書いてない 一番重要

少し改稿 221文字

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます