睡眠死

作者 無為憂

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第8話 エピローグ 墓参りへのコメント

    はじめまして。
    僕はSFが好きなので、その縁あって読ませていただきました。

    どこか残酷で悲しく、けれど美しくて面白い話だなあと思いながら読みました。

    作者からの返信

    面白いと言っていただけて光栄です。
    この小説はエピローグを2つ目に持ってくるという試行錯誤をしつつ、最後まで書けたのは、こうして読んでいただく分にも良かったなと思っています。

    2021年9月4日 13:03

  • 最終話 エピローグの結文老人と少年へのコメント

    良い話でした。ラストはしんみりとしていますね。

    60年の時を飛び越えた先に待つ人生とはどんなものなのか。
    妹は年老い、恋人は病床に伏せながら、自分のことを忘れていない。でも、横たわる60年の重みが悲しいです。

    雫も睡眠病なんですね。
    今度は早くに目が覚めて、快が出迎えてあげてほしいです。

    あと、最後にも出てきた老人は、お母さんと繋がりがあった感じですが、ひょっとして快とも繋がりがあったりするんでしょうか。親戚だったり……と、実はドキドキしました。

    どんな境遇でも精一杯生きていく。そして、きっと誰かの幸せを生んでいる。
    ステキな話をありがとうございました。

  • 第4話 学校へ通うこと(2)へのコメント

    快君は、礼儀正しい好青年なのに、病気のせいでなにもかも失ってしまったんですね。

    母親の墓の前で号泣するシーンは、切なくなりました。
    ここも雫を守ったからなのに。

    続きも読ませてもらいますね。

    作者からの返信

    ありがとうございます‼️
    勉強の合間に読ませてもらいます

    2019年9月11日 23:07 編集済

  • 最終話 エピローグの結文老人と少年へのコメント

    連れ子、魅力的なテーマですね。
    コールドスリープから目覚めたばかりで
    頼りにしないといけないという設定で
    近づけるというのが説得力があってよかったと思います。

    作者からの返信

    ありがとうございます。🙇
    このテーマを魅力的といってくださる方が多く、今回もそう仰っていただけたことはとても嬉しい限りです

    2019年8月31日 15:36 編集済

  • 第2話 少年の家族へのコメント

    1年でレベルアップしすぎてて正直な所、ブルってる。

    作者からの返信

    mazidesuka……。

    そういって頂けるとうれしいです。

    2019年8月12日 17:32

  • 第1話プロローグ 少年の目覚めへのコメント

    いきなり登場人物が増えすぎて、誰が誰なのか分からなくなりました。もう一度読み直します。

    作者からの返信

    ここが分かりにくいとかあれば、教えてくださると助かります

    2019年7月29日 21:51

  • 第4話 学校へ通うこと(2)へのコメント

    続きがとても気になります!

    主人公のもどかしい思いや学校の描写が共感しやすくて、読みやすいです。

    作者からの返信

    返信遅れてすみません!

    そう言って頂けて、とても嬉しいです!

    主人公の造詣にはもっと上手く書けるよう、頑張っていきます。

    僕の周りで、東京ロンリー大賞とれるって言ってた方がいたので、ほんの少し読んだんですけど、設定から面白くて、すごいなって思ってます

    2019年7月26日 23:49

  • 第2話 少年の家族へのコメント

    ツイッターから来ました!
    しっとりとした雰囲気。コールドスリープとはありますが、60年も経てば知っている人も別人、まるで別世界ですよね。
    この先どう周りと馴染み進んでいくのか、気になります!
    頑張ってください!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    返信遅れて、本当に申し訳ありません。
    主人公を取り巻く世界をどれだけ悲観的に扱えるか、がこの作品の重要な部分だと思っています。

    精一杯を尽くしますので、最後まで読んでいただければ幸いです

    2019年7月21日 00:08

  • 第2話 少年の家族へのコメント

    感想の送り合いをしようぜ!に参加しています、日常言葉といいます!
    先にエピローグを書いてしまっても、ネタバレでなく、伏線のようにも、物語の1番大切な場面にも感じられて、とても感嘆しました…!私も、この世界は僕らを知らないという小説を書いていて、Pmanさんを尊敬しています!私にも、アドバイスや感想などをくれると嬉しいです!!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    読ませて頂きます!

    2019年7月1日 23:01

  • 第1話プロローグ 少年の目覚めへのコメント

    これからどうなるんでしょうか。
    涙なしには読めない気がします。

    西秋

    作者からの返信

    ありがとうございます。多くの人を泣かせられるよう、改稿を重ねていきたいと思います

    2019年5月26日 18:48 編集済