Ep.15  私の行く道


 私の話を全部聞いてくれたあと、ブランはそっと、震える私の膝に自分の前足を置いた。


「“滅亡の決まった未来”かぁ、確かに嫌だね」


「……うん」


 そう、主人公ヒロインを始めとし、もしもこの世界の他の転生者と出会ったら……。彼女達が……、このゲームのシナリオを知っていたら。


 私は危険な邪魔者とされ、排除されてしまうかもしれない。

 ――……周りの人の態度なんて、ある日一変してしまうことがあると、前世の私が言っている気がした。


「……よしよし、怖かったんだね」


「……っ!」


 いつの間にか瞳から落ちたひと雫の涙を、ブランの小さな舌が舐めとった。ザリザリした舌はちょっと痛いけど、その温もりに安心して肩の力が抜けていく。


「――……落ち着いた?」


「えぇ、もう大丈夫よ。ありがとう」


 私がすぐに泣き止んでからも、ブランは私の頬や手をペロペロと舐めていた。何だか懐かしい。


 ブランを拾って過ごしていた時には、よくこうしてじゃれてきて可愛かったんだよね……。


「ねぇ、フローラ」


「ん?何?」


 懐かしさを感じながらブランの喉元を撫でていたら、丸くつぶらな瞳が私を見上げてきた。


「確かにこの世界は、フローラの言ってる前世のゲームが元になった世界なんだと思う」


「……えぇ、そうね」


「でも、仮にそうだからって、フローラはゲームみたいに誰かを苦しめたいの?」


 ブランのその問いかけに驚き、首を激しく横に振った。とんでもない!


 民を苦しめるつもりも、お父様やお母様を悲しませるつもりも、主人公や皇子達を邪魔するつもりも、全く無いわ!折角友達になれたから、出来れば仲良くしていきたいなとは思うけど、それは相手の気持ちもあることだからまだわからない。

 それよりも、なにより……


「私は今の、平和なミストラルの国が好きよ。出来ることなら、お父様達と一緒に守って行きたいわ」


 そうだ……、国家転覆なんて冗談じゃない。

 そんな結末、絶対に嫌だ!!


「だったら、頑張れば良いじゃない。君は前世でも、ずっとそうして来れたんだから。ね?」


「ブラン……」


「お母さんの死を回避したように、未来はきっと変えられる。行く道を決めるのは、自分でしょ?」


「……そう、そうだよね」


 運命を避けることばかりに気が行って、私は自分が努力することを忘れていたのかも知れない。そんなんじゃ、何も変わるわけがない。


「……今はここが僕達の生きる世界だよ。わざわざ誰かが決めたシナリオに従うこと無い。そんなの君らしくないよ!」


「そう……、うん、そうだね!私が行く道は、私が決めるわ!!」


「おーっ!」


 仲良くする人も、勉強することも、進む未来も、自分で掴むために。


 とりあえずもうすぐ新学年だ、魔法の勉強から頑張りますか!










―――――――――

 と、そんな訳で私達は二年生に進級しました。クラス分けは二年毎だから、まだクラスは前のまま。


 だから……


「お兄様ーっ!」


 おっ、来ましたね。

 一年生として入学してきたルビー王女が、毎日クォーツ皇子に会いに来るのを見るハメになっていたりする。


「あっ、おはようフローラ」


「おはようございます、クォーツ様」


「――……っ!」


 そして毎朝、毎昼休み、毎放課後、クォーツ皇子が私に話しかける度毎回睨み付けられる。相手は小さい女の子だから別に怖くはないけど、こんなお兄ちゃんに依存してて大丈夫なのかな……。


 唯一ルビー王女が乱入出来ない、学年の係りが揃って互いの状況を報告する会議。会議とは名ばかりの紅茶や焼き菓子が出るその会の時に、私は思い切ってクォーツ皇子に聞いてみた。


「あの、クォーツ様、ルビー様のことなのですが……」


「ん?あっ、もしかしてまた何かされた!?」


「いっ、いいえ、それは大丈夫です。そうではなくてですね、学園に入ってからルビー様は常にと言っていいほどクォーツ様のお側にいらっしゃるじゃないですか」


 私の言葉に、クォーツ皇子が『あぁ、その事かぁ』と苦笑いを浮かべる。


「僕もちょっと酷すぎるかなと思ってはいるんだけどねー。でも、いきなり突っぱねるのも可哀想かなって……」


 そう言いつつも、クォーツ皇子の口元が弛んでいる。


「……でれでれしてますわね」


「えっ!?そっ、そんなことは……」


 ?あははと笑って誤魔化して、『でも、兄妹の仲が良いのは良いことでしょ?』と笑った。


「えぇ、確かにそうですわね」


 うん、アースランドの王家兄妹はお互いにシスコン、ブラコンらしい。


「そんな目しないでよ……。な、仲がいい兄弟は僕たちだけじゃないよ。嘘だと思ったら、このあと図書室に行ってごらん?」


「――……図書室?」


 まぁ、勉強の本を借りに行きたいなと思ってたから良いけど、何で図書館?と、疑問を感じている様子の私を見て、『会議終わったから、一緒に行こうよ。』と私の手を取って立ち上がった。


 わっ、わかった、行くよ!行くから手は離そう、こんな所またルビー王女に見られたら……。


「あーっ!!!」


 あぁ、やっぱり……。あの妹ちゃんなら絶対部屋の側で待ってると思ってたんだよねぇ。


「貴女、またお兄様に付きまとっているんですの!?迷惑ですからやめて下さらない!!?」


「は、はぁ……」


「あっ、ちょっとルビー、また……」


「さぁ、参りましょうお兄様!!」


 器用に私たちを引き剥がしたルビー王女は、クォーツ皇子が口を開く間もなく連れて行ってしまった。


「うーん、でもいいなぁ、妹……」


 弟でもいいけど、私も兄弟が欲しいなぁ。前世でも一人っ子だったし……、お父さん小さいとき死んじゃってたから。


「図書室で手紙を書いて、お父様とお母様に兄弟が欲しいっておねだりしてみようかな」


 ゲームのフローラも一人っ子だったけど、あれはお母様が小さい時に死んじゃってたからだしね。ダメ元で頼んでみようっと。


 そのフローラの決意の翌朝、王の食卓には精力のつくメニューばかりが置かれ、ただただ国王は首をかしげていたと言う。










―――――――――

 図書室に来たら、高学年のお兄様、お姉様方が勉強したり、読書したりしていた。

 でも、お姉様方がいつもより多いような気がする。

 現に、私がたまに使ういつもは空いてるテーブルの席が埋まっていた。しかも、全然集中してないみたいで、チラチラと視線があちこちに動いている。

 まぁいいや……、本借りてから空いてる席探そう。

 魔導書はこの間借りたので、今日は参考書かな。まぁ、この年なら参考書って言うよりドリルやワークだよね。


 そう思いつつ棚を見ていたら、苦手な教科の物を見つけた。ちょっと高いけど、周りに台もないし……


「背伸びすれば、取れるっ、はず……!」


 思いっきり背伸びして手を伸ばし、本に指を引っ掻けて……そのまま引っ張った。


「よしっ!……あら?」


 ありゃ、隣の奴取っちゃった。

 ど、どうしよう……。

 横着しないで踏み台探して来ようかなぁ。取るのは良いけど、しまうのは難しいしね。


「お求めの本はこれかな?」


「えっ!?」


 悩んでいる間に、不意に隣から伸びた手が私が取ろうとしていた本を取り、こちらに差し出してくれた。


「あっ、ありがとうございます」


「どういたしまして。君は二年生だね、放課後に勉強なんて偉いな」

 そう言って、本を取ってくれたお兄様が笑った。綺麗な緑色の整った短髪に、銀縁のメガネをかけた美少年だ。

 上靴の色から、ふたつ年上の四年生であることがわかる。


 それにしても周りの視線がすごいな、お姉様方はこの人を見てたのかぁ。確かに綺麗な顔してるもんね。

 それにしてもこの顔、どこかで見たような……?


「兄様、席が空きまし……あれ?」


「あぁフライ、今、噂のフローラ姫とお話させて頂いていたところだよ」



 えっ、噂!?私、何か噂になってるの!!?恐いなぁ、何かやらかしたっけ……。あっ、ライト皇子とのケンカの件!?


 それに……


「あの、フライ様、そちらのお方は?」


「ん?あぁ、僕の兄ですよ」


「フェザー・スプリングです。初めまして」


「あっ、はい。私は、フローラ・ミストラルですわ。改めまして、ご挨拶申しあげます」


 向こうは私を知ってるみたいだけど、礼儀としてちゃんと膝を折って挨拶をする。制服のスカートだと裾の持ち方が難しいよね。

 ――……それにしても、フライ皇子のお兄様かぁ。


 そう言えば攻略対象に居たな。


 年上で生徒会長だったから、会長や先輩呼びばっかだったから名前聞いてもピンと来ないけど……。


「とりあえず、よろしければその噂とやらのお話を聞かせて頂けません?」


    ~Ep.15  私の行く道~


『未来は決まってなんか無い!……よね?』






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます