「俺の自慢のファイナルブレーキが!」

烏川 ハル

矛盾

   

「俺の自慢のファイナルブレーキが!」

 思わず叫んでしまったのも、仕方ないことだろう。


 どんなモンスターの突進も止めてしまうという、最強の盾。

 それが俺の自慢の防具、名付けて『ファイナルブレーキ』だった。

 しかし、今。

 それはで粉々に砕け散り、俺は、無様に突き飛ばされていたのだ。

 こんな、いかにも弱そうなグリーンスライムの体当たりで。


「くそう……」

 倒れ込んでいた俺は、悔しさを声に出しながら、再び立ち上がる。

 もはや取っ手のみとなった『ファイナルブレーキ』を投げ捨て、右手の剣を、両手で握り直す。

 俺の自慢の武器、名付けて『ファイナルブレード』。何物をも斬り裂く、いわば最強の矛という話だ。

 最強の盾と、最強の矛。その二つを神から与えられたことにより、俺は、攻防一体の最強戦士として、この世界に転生したはずだった。

 敵の策略によって、自分の最強の矛を自分の最強の盾に衝突させられて、どちらも破壊される……。そんな場面シーンを生前の漫画で読んだこともあったから「そんなドジは踏まん!」と心に誓っていたのだが……。

 まさか、策略云々以前に、単純な突進だけで、最強の盾が破壊されてしまうとは!


 あらためて俺は、目の前のモンスターを見据える。

 この世界に来たばかりの俺には最弱種に思えた、グリーンスライム。ぷよぷよプルルンとした外見だが、ここはファンタジーな異世界だ。見た目はアテにならない。おそらく、科学的にありえない比重なのだろう。あんな見た目なのに、恐るべき質量が詰まっているのだろう。

 俺は俺なりに、最強の盾が破壊された理由を考察する。

 そう考えると、こいつは強敵に思えてきたのだが。

「『ファイナルブレーキ』の弔い合戦だ……」

 自分に気合を入れる意味で、そう口にする。

 そうだ。あの盾に、愛着を込めて『ファイナルブレーキ』と名付けたのは、ほかならぬ俺自身だ。あえて『ファイナルシールド』にしなかったのは、『ファイナルブレーキ』と『ファイナルブレード』で韻を踏んでる感じにしたかったからだ。セットにしたかったからだ。


「そうだ。剣だけになったら、意味ないじゃないかあああ!」

 叫びながら俺は。

 コンビの片割れを失った『ファイナルブレード』を大上段に振りかざして。

 思いっきり、スライムに斬り付けた!

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます