狼少女と復讐者

マル

プロローグ

 始まりとイチャイチャ

 ある日、神界と人間界と魔界の3界に己の存在を証明するために戦いを挑んだ者達がいた。


 ―――――――――――――――――――



「ここの城……硬くて、大きい」

「ちょっとまて、ユイ。その発言はかなり危ない」

「……むぅ。構ってくれないの?」

「いやいや、ようやくここまで辿り着いたんだからのんびりしようよ」

「とか言って、夜になると激しいくせに……」

「いや、いつも襲ってくるのお前だからな?」


 現在、2人はベットの上。この世界に召喚されたが、無能なため捨てられたが、奈落の底から這い上がった少年ケイが、真ん中で寝ている。

 その横では、奈落の底で出会ったフェンリルの忌み子である人狼のユイが、添い寝をする形でケイの右手に抱きつく。何が嬉しいのか、ユイはケイの右腕に顔を埋める。


「……やれやれ。出会った頃のシリアス感はどこ行ったのやら」

「…………私の全裸を見たくせに……」

「いや、あれは、不可抗力だろ!?」


 言われて、ついついケイはユイの裸を思い出してしまう。


「あ、ケイのお城も硬くて、大きい?…………いただきます♡」

「え、ちょ、いつの間に全裸!? てか、待て、待て、待て! この、エロ狼!」


 この後は色んなことが起こったのは想像できるだろう……。



 こんなことが起こるのは後のお話。




 これは『無能』な故に奈落の底へと追い出された少年と魔獣のはずのに『人の姿』で産まれたが故に、族を追い出された少女が、生きる意味を、価値を、そして、己の存在を証明するために世界に挑む物語。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます