朝霧小学校不思議クラブ

無月弟

木の精のおじいさんと青い花

写生大会での出会い

 学校行事って、いったい何のためにあるのだろう? 画用紙の上でえんぴつを走らせながら、ぼく、九十九光太つくもこうたはそんなことを考える。

 5月の半ば。今日はぼくの通う朝霧あさぎり小学校の、全校あげての写生大会の日。先生も子どももみんな、学校近くの自然公園にやって来ている。


 クラスの子達は、勉強しないですむと言ってはしゃいでいたっけ。ガキ大将だいしょうである十勝とかち君なんかは、絵をかくのをそっちのけで、大声で遊ぶ計画を立てていた。けどあれだけ目立っていたのだから、きっと今ごろ先生に目をつけられていて、遊べてはいないと思う。

 だけどそれでも、友達といっしょにはしゃいでいた十勝君の事を、ちょっとうらやましく思ってしまう。ぼくにはあんな風に、いっしょになって遊べる友達が、一人もいないから。


 みんな、思い思いの場所で、色んな絵をかいている。たいていの子は、なかよし同士集まってかいていたけど、ぼくは一人。

 みんなとはなれて公園のすみで、一本の木の絵をかいていた。その木はたいへん長生きしている木で、花どころか葉っぱの一つもつけていない木だったけど、ぼくはまよわずこの木を書こうと思った。だってこの木には、『あの人』がいるから。


 見上げると太いえだに、時代劇じだいげきに出てくるような着物を着たおじいさんがすわっていて、笑いながらこっちを見ている。

 なぜ木の上におじいさんがいるのかって? もちろんふつうに考えたら、これはおかしなこと。だけど全然おかしいなんてことは無い。だってあのおじいさん、人間じゃないもの。


 ぼくが笑い返すとおじいさんは何を思ったのか、すわっていたえだをさすりだす。

 何をしているのだろう? そう思ったその時、さっきまでは葉っぱもなかったそのえだに、一りんの大きな、青い花がさいた。

 それはまるで魔法まほうのようで、とてもキレイで。ぼくは咲いたばかりのその花を、絵にかき足した。


 多分あのおじいさんは、この木のせいなのだろう。ぼくはこういう、人ではないモノを、どういうわけか昔から見ることができたのだ。


 夢中むちゅうになってかいていると、ふとだれかの話し声が聞こえてきた。


「見てあれ、お化けの木だよ」

「昔、首をつった人のお化けが出るってうわさの木だよね。あの人、なんでそんな木をかいてるんだろう?」


 話しているのは、ぼくよりも年下と思われる女の子。

 そんなうわさはウソっぱちなのに。本当はちがうって言いたいのだけど、ぼくは聞こえないふりをした。

 だってもしもあの子達に木のせいのおじいさんの事や、花をさかせてくれたことを話しても、きっと信じてはくれないだろうから。だってあの子達には、それらが見えないのだから。


 どうやらぼく以外の人は、人ではないあれらを見ることができないらしい。昔その事に気づかずに、あちこちにいる幽霊ゆうれい精霊せいれいを指差しては、そこにいることを伝えたけど、だれも信じてはくれなかった。

 でも、そんなことはもうなれた。良いんだ、だれも信じてくれなくったって。ぼくだけでも分かっていれば、それで。

 そんな風に思いながら、えんぴつを走らせていたんだけど……


「すごい、上手じょうず!」


 とつぜんに耳元で、元気のいい声がした。

 あわてて振り返ると、そこにはショートカットで水色のシャツにベージュの半ズボンをはいた子が、目をかがかせながらぼくの絵をのぞきこんでいた。

 ビックリいていると、その子は絵からぼくへと目を向けてくる。


「ゴメン、びっくりさせちゃった? ボクこんなに上手じょうずに絵をえく人初めて見たから、おどろいちゃって」


 その子は笑ながらあやまってくる。そんな風にほめらえて、ちょっとうれしかった。取りえなんて無いぼくだけど、絵には少しだけ自信があったから。

 だけど面と向かってほめられたのは初めてで、照れながらも自然と笑みがこぼれてしまう。


「ええと……君、ボクのこと分かる?」


 ぼくはコクンと頷く。この子は少し前に、うちのクラスに転校してきた子。と言っても、今まで話したことは一度も無いけど。

 この子は明るくて活発的で、友達も多くて。今ではぼくよりもずっと、クラスになじんでいた。


「君、本当に絵がじょうずだね。ボクなんてヘタだから、まだ全然かけてないよ。ねえ、ボクもここでかいて良いかな?」

「う、うん」


 うなずくと、その子はとなりにこしを下ろしてくる。

 だけど、どうしてこの子は、ぼくなんかに声をかけたのだろう? いっしょに絵をかく友達なんて、いくらでもいるだろうに。

 不思議に思っていると、その子はふたたびぼくの絵を見てきて、ふと声をもらした。


「あれ、この花?」


 指さされたのは、木のせいのおじいさんがさかせてくれた、あの青い花。絵と木を見くらべるその子を見ながら、ぼくはあせる。

 マズイ。ふつうの人には、おじいさんがさかせてくれたあの花も、見ることはできない。このままだと、ありもしない花をかく変な子って思われるかも。そう心配したけど……


「もしかして君も、アレが見えるの?」

「……え?」


 かけられたのは意外な言葉。『君も』ってことは、まさか……


「スゴい! ボク、家族以外で見える人に会ったのなんて初めてだよ!」


 さっきよりもよりいっそう目をキラキラさせながら、ぐっと近づいてくる。もしかして、この子も見えるの?

 だけど今は見えるかどうかよりも、この近さ方が気になる。ぼくはこんな風に近よられるのになれていなくて、どう返事をしたら良いか分からずにあせってしまう。ましてや……


「スゴいスゴいー」


 相手が女の子なんだから、本当にどうしたら良いかわからない。まるで『スゴい』以外の言葉を忘れてしまったように、何度もくり返す様子を、ただじっと見ている。

 この子の名前はいち真夜子まよこちゃん。明るくて人なつっこくて、ぼくとは正反対の女の子だ。

 見る事が出来る人と会えたことがよほどうれしいのか、あせるぼくとはちがって、一ノ瀬さんはキラキラと目をかがかせていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます