光の差す方へ 〜古の巫女と伝説の島〜

藤道 誠

序章

動き出した歯車

「ッ、ハァ……ハァ……ハァ……」




夜の暗闇が支配する、深い森の中。




「ハッ、ハ……ッ……」




草を踏み分ける音と共に、荒い息遣いが響き渡る。


その背後から迫って来るのは、濃い『影』の気配。


暗く冷たいその空気は、恐怖となって心を蝕んでいく。


それから逃れるように、その者はひたすら走り続けた。


足を止めれば、瞬く間に『影』に呑み込まれてしまいそうな気がしたからだ。


次の瞬間、この場を包む空気が一転する。




「っ!?」




前が見えない程の暗闇の中に、一筋の『光』が差し込んできたのだ。


先程までの恐怖を洗い流す、柔らかくて温かな光。


その者は戸惑いのあまり、身を強ばらせた。


だがその困惑はいつしか、母の腕に抱かれているような、絶対的な安心感に変わっていく。


その間も、食い入るように光を見つめていた。


息をするのも忘れる程に。






不意に、ギリギリまで張り詰められていた緊張の糸が、プツリと切れる。


途端に崩れ落ちる体。


慌ただしく駆け寄ってくる足音を聞きながら、その者は静かに意識を手放したのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る