第16話 気分変調症の定義は「不機嫌」。

 業者が簡易裁判所から送り付けてきた書面には「診断書」のコピーがついてきた。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 1.病名 気分変調症

 上記疾患のため3ヶ月間の休養を必要とする。

 以上。


 上記の通り診断致しました

 令和1年5月8日


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 で――で。

 気分変調症なんて今までに聞いたことのない病気だから、調べたの。

 そしたら、いくつかのサイトで定義を「不機嫌」と書いてあった。


「不機嫌」が病名なの? え? 不機嫌だと病気なの? わけわかんない。

 彼、不機嫌で三か月も休養が必要で――しかもその休養期間終えてないのに、調停しましょうっていうの――? 不機嫌なのに? 不機嫌なまま調停するの?


 診断されたのは5月8日なんでしょ? 三カ月の休養が必要なんでしょ?

 8月8日まで、休養してなくちゃ駄目なんじゃないの? なんで7月頭に調停求めてくるの?


 お か し く な い で す か?


 わたくしは、そういう気持ちなんですけれど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます