第102話出てくるまで待っていたい

本当は考えないで 出てくるまで待っていたいんだけど 何もなかったら不安に思う 思い考えて現れたものも屹度同じように自らで 同じなんだろう。けれど、

自由になりたい どんな意味わからないけれど。

括られている 窮屈ないま


実は考え始めるのも意外と億劫

何も出てこなかったらどうしようっていうのがある

常々怖々と、現実から逃げるだけ

ここに私がいることはどこも一緒だというのに

浮いたり沈んだり忙しいのです

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます