2019/06/11 17:33/鷦鷯飛蝗

空は美人で

煮え切らないので

ちらと隠れて

気付きやしないので

自ずと合わせて中途半端な

僕の鎧も湿気が籠もるから

内から錆びては

朽ちて逝くんだ

最初からそういうつもりだったの?

停滞に蔓延ったアオミドロに反射する

君の眼差しはそういうふうにしか見つめられない

仕方のない、残念な事実

妙な色の世界

おとなしく夏を晒してよ

網戸の隙間を通り抜けられない風たちなど興味はない

鎧を脱いだって大丈夫だと

聞こえるように

大きな声で

おねがい

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます