2019.06.10 & 06.03(1週間遅れ)

連日の雨模様。

もう梅雨入りでしょうか。

いやだなあ、雨ばっかり。

オリーブの木には、ここぞとばかりに水を吸ってもらいたい。

実をつけていることだし。





<先週と今週の鬼滅>


伊之助のお母さんは、上弦の鬼ナンバー2に食われてしまっていたのです!

怒りを燃やす伊之くんですが、相手はやなヤツ、強いヤツ。

歯が立ちません。


けれど!

けれどけれど、なのです!


(↑ ほんと幼稚な文章……)



<先週と今週のアクタージュ>


対決するグループの、それぞれの役者たち。

ほんとバケモノ級のすごいヤツら。

特に王賀美おうがみは生まれついてのスーパースター、天性の、奇跡の最高峰なのです!

夜凪も圧倒されて、飲まれてしまいます。


しかーし!

負けん気とエネルギーが彼女を奮い立たせます!


しかーし!!

夜凪の上に立とうとする、対抗主役女優の桃白千世子も、身を削る演技で挑みます!


みんなスゴすぎる!

ひとつのことを極めるというのは、こういうことでもあるっ!



<先週と今週のチェンソー>


藤本先生には、やられました。

先週のチェンソーを見て、わたしは先を読み、このJUMP通信を更新できなくなってしまいました。

悲しすぎたのもあります。

しかし、先を確かめてみたかった。


先週は、たくさん銃で撃たれました。

銃の悪魔の手先の仕業です。

いちばんわたしがコタエタのは、姫野先輩が死んでしまう未来を感じたことです。


悪魔と闘うデビルハンターは、ほぼ例外なく悪魔と契約しています。

その時点で自らの命をあきらめているのですが、それにしても……。


この作品。

昔ならば少年誌ではなく、青年誌がふさわしい。

漫画アクションとか、モーニングとか。

突出した才能を持つ掟破りな才能を、JUMPは少年誌で仕事させています。

これは、ひとつのエポックメイキングな瞬間です。


姫野先輩の腕がなくなっていく描写。

素晴らしいと思いました。

ああ。

こんな作品を読めるわたしは、幸せです。


重たい作品ですが、少年誌の記念碑となるでしょう。

チェンソー。

やはり、突き抜けました。










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます