未成年

人として未完成である未成年の責任は、全て保護者にあります。



ですが、その保護者がまともな大人でなければ、やはりまた、将来的に人として形成されていない人間が出来上がってしまう。



愛を知らない間違った人間が、次から次へと増殖していくのです。



これは、どこかで断ち切らなければなりません。



親が悪い、世間が悪いと開き直ってみても、何も変わりません。



一時的に同情されたとしても、心は満たされません。



結局、同じ種類の人間を引き寄せて、愛に反発する心を共感するけれど……、



マイナスの想念で出来ている者同士は、どちらも人を受け入れる事ができません。



やがて、お互いを傷付け合い、平気で人を裏切るのです。



家庭にマイナスの波動が流れている事、苦痛の場所である事が全ての始まりです。



それは異常な事なのです。



子供にとっての家庭とは、プラスの想念の供給源であるのが本当です。



真実の愛があるのが普通です。



とは言っても、未成年にそれを解決する事はできません。



やはり、近くに居る信頼できる大人に相談するべきです。



学校専属の心理カウンセラーや、児童相談所も手を差し伸べています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます