第五話『圧倒的強者……の筈なのだが』

 

 投げ捨てられたランタン。


 そして映し出される、異形の人影。


 それは咆哮と共に、その姿を露わにした。


「ぐがああああっっ!!」


「オークの……成人」


 成人男性の二倍ほどある体躯。


 ランプの朱色に揺らぐ、ピンク色の肉体。


 浮き上がる血管、隆々とした筋肉。


 握られた棍棒。


 豚をモチーフとした、生命力の高いタイプのオーク。


 推定冒険者ランク、銀の魔物。


「皆さん逃げましょう!!幾ら鉄ランクの皆さんでも相手にすらなりません!!」


 必死に呼び掛けるネフリス。


 喉が枯れる程に声を大にして言った。が。


 一歩として引こうとしない仲間たち。


「何やってるんですか!?オークの成人ですよ!?」


 ここで、オークの更なる威嚇。


「がああああ!!」


 ネフリス、恐怖のあまり腰を抜かす。


 立ち上がろうとするも、状況の理解が出来ず、力が入らない。


 ネフリスの脳内で、圧倒的士気の低下が起きている。


 一番近かった仲間、シリアンにネフリスは更に説得をする。


「逃げた方がーーーー」


 それを遮り、


「大丈夫です」


 と笑顔で返す少女。



 理解出来ない。



 自分だけ逃げようと言う訳には行かない。


 そんなネフリスを置いて、その凶撃はアサナト達へと向けられる。


 轟音立てて振り下ろされる棍棒。


 その先には、アサナト。


「あああああああ!!!」


 ネフリスの絶叫が洞窟内にこだまする。



 ……だが。



「っがあっ!!」


 その悲鳴は、いつしか人外の呻き声で埋め尽くされていた。


 驚きで閉じていた目を開く。


 そこには、両腕を吹き飛ばされていたオークが居た。



 ……アサナトの手によって。



 ーーー間髪入れず。


 シリアンが浮き始め、フッと、軽く息をオークに向かって吹いた。


 普通なら、それが攻撃になる筈は無い。



 ……そう。普通なら。



『それ』は吹き荒れる冷風へと様変わりし、オークの全てを凍りつかせた。


 全てだ。文字通り。


 そして、予想外過ぎる事に言葉を失ったネフリスを置いて、すぐさま盾役のイェネオスが足を踏み出し、オークの真正面に詰め寄ったところで。




 ーーー拳で粉砕した。



 塵となって空気を舞い続けるオークだったものを傍観していたネフリス。


 やっと口を動かし、さっき大声を出した所為で掠れたその声で、全力で驚愕した。



「ええええっ!!!」




 ♢




 水で喉を潤して一休憩終え、そのまま洞窟を進んでいる時に、ネフリスは問う。


「なんでそんなに実力があるのに、鉄ランクなんですか!?」


「目立つからだ。私達はそんなに世間から脚光を浴びたいという訳じゃないのでな」


 そう剣士のエセウナが説明。


 ……実力を隠したい冒険者もいると聞く。


 ネフリスはあり得ない話でも無い、と口を噤み、洞窟の状況について注力する事にした。


 未だに聞きたい事しか無いが、今はクエスト中なので。



「来るぞ……成人オーク三体」


 先頭のアサナトがそう忠告。


 ネフリスも足音で把握した。


「一体、ネフリスとシリアンで頼む」



 ……無茶な役だ。



 ……でも、士気が高い今なら、やれる気がする!


「分かりました」



「がああああ!!」


 三体のオークの怒号と共に、その戦闘は始まった。



 ♢



 戦闘の経過報告。


 順調に順調を重ねた、絶好調だ。


 灯りの問題は、魔導師のナミアさんの光魔法で補って貰っている。


 僕も雑魚じゃ無い。


『防衛者』の一員なんだ。


「はあっ!!」


 ネフリスは誇りを胸に。



 その戦闘を、能力を使わずに乗り越えた。



 ♢



「ふうっ……」


 少年、ネフリスは勝利の余韻に浸る。


 銀ランク推奨の成人オークを、援護有りとは言え倒したのだ。


 しかも、反撃を許さない完封勝利。


 これは、武勇伝になる価値があるな。


 そんな気分が上の空のネフリスの耳に、凶報が鳴り響く。


「……この量と質……確実にこの洞窟にはオークの上位種が居るわね」


「まじですか……」


 一瞬で地に落とされた気分に陥るネフリス。


 焦りを胸に、ネフリス歩みを進めた。



 そして、さっきから少し進んだ後。


「オーク五体。しかも魔法を使える奴もいる」


 満を持して、魔法の才を有したオーク登場。


「はあ……やっぱりですか」


 溜息。


「まあまあ。何時も通りやればいける敵じゃねえか」


 そんなネフリスをなだめるように、盾役のイェネオスがフォロー。


「そですね」

 なんで軽く倒せる敵だと認識しているんだと思い、呆れの意味で軽く答えるネフリス。


「無駄話無しで、行くわよ」


 そんな私語たっぷりの二人を、ナミアが少しばかり蔑んだ目で言う。


 そして、答える余地も無しにアサナトが突撃。


 そのまま、全員が戦闘へと参加した。


 話してる暇があるなら体動かせ、と言われた気分だ。



 ♢



 魔法が使えるオークを投入してきたという事は、そろそろ最深部が近いという訳だ。


 ここを乗り切ったら、その次が……という可能性もある。


 だから、能力を使わない様に、慎重に戦いを押し進める必要がある。


 それを可能にするのが……魔法だ。



「ーーー燃焼爆裂!穿てファイヤボール!」


 ネフリスの手から、魔法を使うオークに向けてファイヤボールが放たれる。


「……流水の壁。清廉なるウォータウォール」


 だが、それは直ぐにオークの放った水の壁にて蒸発させられた。


(僕の放った魔法に瞬時に反応して対抗魔法を発動したのか!?……明らかに場数を踏んでる)


 ……魔法を使うオークは二人いる。


 一人はネフリスの目の前にいる一番強そうなオーク。


 もう一人はナミア、シリアンと戦闘中。


 そしてほか三体のオークも、他三人が相手取っていて援護は期待できない。



 ……ネフリスは単騎で、このオークと決着を着けなければ行けないという事が分かった。



 近くに寄ろうとも、魔法で安全に遠くから撃たれて終わる。



 ……魔法で倒さなければならないのか。



 ネフリスは最善の策を考えようと思考する……が、当然相手はそんな時間なんて与えてくれない。


「舞い散る火花が、眼前の敵を焼き尽くす……ファイヤスパーク」


「……不味いっ!」


 避ける事もままならない火花が、ネフリスに向かって襲いかかる。


 避けても当たる。剣で受けても捌き切れない。



 ーーなら正面で受けて立つ他ない。



 ネフリスは全力で詠唱を始める。


 文字通り、本気で。


 やるなら、相手が攻撃中の今だから。


「流れ行く河川の様に、我は力の奔流を今ここで解放する。己の善美総てを彼方に捧げよう、蹂躙せよ。ウォーターリベレイション!!」


 高速詠唱。並びに詠唱文改変。


 どちらも熟練した魔導師しか使えない、玄人の技だ。


 それを本気でこなした。


 これなら……。



 言葉通り蹂躙できる。



 轟音を立てて、激流の如く水の柱が放たれる。


 それは軌道全ての物質を消し去る、事全ての意思の力。


 ネフリスに襲いかかっていた火の粉は消えた。


 術師のオークは反応できずに……跡形も無く、断末魔も上げずに消え去った。



 ーーーー勝利。



 直ぐに他の五名も、オーク達と片を付けた。


 詠唱文改変のお陰か、消費魔力が少なめで済んだ。


 スタミナ消費もほぼ無し。


 だが、高鳴る心臓の鼓動。


 深く息を吐き、生きている事を実感し、緊張を解く。


「やったな!ネフリス」


 盾役のイェネオスが嬉しそうにネフリスの肩を叩いてきた。


「そうですね。皆さんもよくーーーー」



『やりおったか。我が愛しの兵達を。……この先へは進ませんぞ』



 低く、唸る様な声が洞窟内にこだました。


 そして、鳴る重い足音。


 ネフリス達の正面の通路から、背筋の凍る様な殺気が漂うのを感じた。



 ーーーーまだ、終われない様だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます