第三話『自身を機械化させる程のコミュ障』

 

「良かったら手伝おうか?」


「え?」

 そう謎の声がかかり、ネフリスは振り返った。


 そこに居たのは……五人の集団だった。


「誰ですか?」


 どうやら、ネフリスに声を掛けてきたのは中心の黒髪の男の様だ。


 咄嗟にネフリスは名を尋ねた。


「ああ済まない。俺はアサナト・レイミン。こいつらは俺の仲間で、全員鉄ランク」


 そう言うと、彼らは首に掛けられた鉄のタグをちらつかせた。


 五人が五人、言う通り全員鉄ランク。


 ネフリスより一ランク上の冒険者。


 六段階ある内の五段階目。


『銅ランク→鉄ランク→銀ランク・・・』の内の鉄ランク。自分よりも実績を積んだ、初心者を抜け出した冒険者。


 言う通りパーティだ。


 だがその中には、子供の様な少女だっている。


「で、聞くが君。見る限り初心者なんだろ?俺たちのパーティーに入って、クエストを一緒にやらないか?報酬も分け与える」


 そう言う彼。

 聞く限りでは信用は出来なくも無い。


 しかも、何故かご自慢の人見知りが発動しない。


 考える価値はありそうだ。


「……ちょっと、皆さんの役職と名前、役回りを教えてください」


 ネフリスは、パーティ全員の名前や役職と役回りを念入りに聞いた。


 そして分かった事を頭の中で整理した。


 先ずは前衛に位置する人達。


__________________________________________________


『前衛』


 〈アサナト・レイミン〉


 黒髪。葵色の瞳。成人男性。

 役職は武闘家兼パーティリーダー。


 一応魔法も使えるらしい。


 〈エセウナ・ローレッジ〉


 白髪ロング。紫色の瞳。成人女性。

 役職は剣士と魔法を併用した、魔法剣士。


 前衛と後衛を移動できる。


 〈イェネオス・アーサイド〉


 茶髪。黒色の瞳。成人男性。筋肉質。

 役職は戦士兼商人。


 盾や鎧を用いた戦闘スタイルを取り、最前線にて敵のヘイトを買う役回り。


 前衛は二人+αらしい。


 そして、後衛。


__________________________________________________


『後衛』


 〈ナミア・レフィナード〉


 金髪ロング。エメラルド色の瞳。成人女性。


 役職は魔導師。


 〈シリアン・フィスィ〉


 金髪。桃色の瞳。十二歳ぐらいの少女。


 役職は魔導師兼、癒しキャラ??



__________________________________________________



 ……という訳らしい。


 シリアンという少女だけ何故鉄ランクを取れたかが分からない……が直ぐに分からせられた。静かく立ち昇る清廉なる魔力で分かる。


 かなりの実力者だと。


 取り敢えずこれを踏まえて、僕は了承の意味で名を名乗る。


「僕はネフリス・フェンリシス。役職は剣士ですが出来るなら後衛にして下さい」


 前衛を担う筈の剣士なのに本人は後衛希望。


 そうネフリスが矛盾した言葉を言うが、彼達の口からは理由を聞く言葉は出てこなかった。


 銅ランクだから腕に自信が無いんだろう、と察せられた様に感じた。


「了解ネフリス。という事は俺たちのパーティに入ると言う事で良いのか?」


「はい。それで異議なしです」


「じゃあパーティ登録を済ませましょう?」

 そう魔導師のナミアが良い、そのまま受付嬢の手続きでパーティ登録を済ませた。



 ♢



 ……で。


 ここからが本題。


 あの人達に僕の能力を教えるかどうか。


 教えるべきか否か……うん。



 迷う。



 だって教えたら腫れ物扱いされてパーティから追放されそうだし……。


 かと言って教えずに行ったとして、万が一僕の能力がバレた時に「何で最初に言わなかったんだ」と反感を食らってこれまた追放されてしまいそう……。


 ネフリスの頭の中を渦巻く被害妄想の数々。


 取り敢えず、今現在の仲間の位置を半目で確認した。


 全員クエストボードの前でクエストを吟味している。


(くうっ……!)


 僕はもがく様に、テーブルに頭を擦り付ける。


 行けない。


 もどかしい、けど決めなければいけない。


 だが、持ち前のコミュ症と被害妄想を発揮して、悪い方向への想像しか出来ない。


 次々と浮かぶネガティブな感情。


 怖い。


 追放されたらどうしよう。


 あああぁ……!!!


 そこでネフリスは、自分の脳内をまっさらに消去した。


 全て。何も思い浮かばない様に。


 無です。無。


 ネフリスは、無我の境地へと至った。


 意識なんてとっくのとうに消え失せた。


 ガタッ……。


 機械的に腰を上げ、ブリキの様に仲間の元へと歩み寄り。


「ボク……時ヲ止メラレルンデス」


 そのままコンピュータの様に暴露した。



 ♢



 そして、今は。


「時を止められるが一.五秒だけ。その後激しく疲労か……どうだナミア。上手く使えそうか?」


「ええそうね。それならーーーー」


 ネフリスの能力について仲間達が入念に使える作戦を立てている。


「それならばこれが良い」「いや。もっと良い使い方が……」などの論争を繰り広げている。


 そして、それを暴露した当の本人は。


「あ、あ。ハハハ。ぁぁぁああ……」


 と小声で赤面しながら呟いている。


 しかも大粒の涙を流しながら、最高級の被害妄想で己の頭を支配していた。


 それが、五分間続いた。


 他の冒険者の口からは「ヤベェよあいつら」「真正面で泣きじゃくってるガキがいるのに無視してやがる。どんな胆力してるんだか」と引き気味のコメントが飛ばされる。


 そして、やっとその地獄からネフリスは戻される事になる。


「……それが一番良いな。ネフリス、お前の役回りが決まったぞ」


 パーティリーダーのアサナトだ。


「……ふぇ?」


 ネフリスは泣きすぎて充血した目を見開き、掠れた声で答えた。


 真面目にネフリスを見つめる仲間全員。



 ……どうやら、ネフリスの立ち位置が決まった様だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます