第32話【現れし闇】(暴食編その2)



【敵の情報は多いに越したことはない】

 これはどの戦場でも通じる共通の認識であり、攻略するための鉄則でもあるが故に、例えその道のプロといえどもぶっつけ本番程、力量が出る場面はないのだ。


 この世にせいを得た時から脇役であった、「奴」の目的は強力な毒の採取と自身の変異、そのために日々の積み重ねを行い、危険種が蔓延る渓谷を暗躍してきたと見られる。


「視覚」に頼れないこの状況で、唯一の武器は「聴力」であるが、「万」を越えるその足は最小限の音すら掻き消しており、 「今」どこで「何」をしているのか定かではない。


 一見不利な状況だが、奴の「眼」、「習性」、「耳」をこちらが利用することは出来るため、立ち尽くしていたノーメンは、魂をぶつけるように闇の中で声を荒げる。


「俺にはお前の気持ちが分かるぞ。影から支えそれに満足していたが、絶好の機会と出会い「力」を手にした……だが所詮お前は「脇役」だ!!物語の【主役】にはなれん!!」


 奴の特性上、挑発に乗ることを期待し、わざと大声で叫ぶと言う行いは、敵に位置を特定されるため、自殺行為とも取れる行動だ。


 発声が終わり一息く間もなくて、一瞬だがローブのすそが揺れたのを感じ取った時には、体は瓦礫へと沈みながら激しく音を立てる。

 息苦しいほど周囲に立ち込める砂煙だが、セリエが起床した反応はなく、砂が混じった血を無造作に吐き散らす。


「たくっ……ラビット牛人ミノタウロスといい、お前センチピードみたいな脇役野郎といい……どうも、俺を吹き飛ばすのが好きみたいだよなぁ……だが残念……お前の隠密ステルスもここまでだ」


 そう告げ、強く握りしめた拳を開くと、数十はある産毛の様な自慢の足を奴に見せつけるように投げ捨て、微かにする虫独特のにおいと流れ出る血液が、明確にその位置と輪郭りんかくを教えてくれる。


 奇策と考えたが、その行為自体が間違いだった事にその後、思い知らされる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます