第62話

「ゥ…フゥ…ン」メロンが少し苦しそうに喘いだ。

『うゥ…😲💦💦』

 ヤバい…… もしこのままメロンが起きて、キスをしたのがバレたら、またあの強烈な鉄拳マグナムが顔面に炸裂する……


 すぐさまパッと、唇を離した。ドキドキして様子をうかがったが、メロンは何ごともなかったみたいに眠ったままだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます