第15話 あなたに

 ここで死ぬのだと思った。

 明確な殺意を持って僕らに迫る怪異に、それでもなお抗う方法など、見当たらなかった。

 だから、僕がどうしてこの時、その一言を発することができたのか。

 それは、未だにわからない。



「松留久作さん」



 ――小指の集合体は、僕の喉元スレスレで、動きをピタリと止めた。


「あなたが住んでいた場所に、行ってきました」


 そう、その名は、今やおぞましく変わり果ててしまった彼が、かつて呼ばれていた名前。


「みんな、心配してました。勝蔵さんも、道吉さんも、久作さんに、会いたいと」


 指が、迷い悩むように僕の目の前で蠢いた。


「だから、久作さん……!」


 しかし次の瞬間、僕の首に指が食い込んだ。

 ――いや、食い込む寸前で、僕の右耳を掠め真っ黒な腕が伸びた。その腕の先には、スタンガン。


「続きは、痺れながら聞いてくれ」


 右腕を指でできた触手の内側にねじ込む。バチリという激しい音と焦げ臭い匂いが辺りに満ちた。曽根崎さんは、今度こそ、指の塊――久作さんに、電撃を食らわせることに成功したのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます